家計管理は極力シンプルに

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

そんな中でもお金を貯めている人もいます。私は20代のうちに資産1000万円を貯めました。

お金が貯まらないなら使わない!これが一番シンプルで究極の方法だと思います。実際私は実家暮らしという強力な武器を携えて1000万円まで到達しました。

現在は夫婦二人で暮らしており、生活費は自身の給与で賄っていますので、貯蓄のペースは落ちましたが、毎月の黒字は継続しています。

家計を管理していく中で、一つ重要に思ったことは管理は極力シンプルにすることでした。

私にようにズボラな人間には多くの口座を持っていても、宝も持ち腐れというか家計がより見えづらくなるだけでした。

もし同じような課題をお持ちの方にはオススメの方法です。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

家計管理はシンプルがオススメな理由

家計管理はシンプルに。オススメする理由はお金の流れを管理しやすくする、何にいくら使っているかを見やすくするためです、

・管理がしやすくなる

例えばクレジットカードや銀行口座、ポイントカードなど沢山持っていればいるほど、管理は煩雑になりがちです。

沢山あると管理するのがめんどくさくなります。

そこで本当に必要なものを絞り込むことで、管理をシンプルにします。そうすることで管理がしやすくなります。

・シンプルにすれば改善しやすい

必要なものを絞ってまとめれば、どこに何を引き落として、何にいくら使っているのか?改善点も見つけやすくなります。

絞り込むことで量が多くて霞んでいたお金の流れが見えるようになってきます。

例えば、私はクレジットカードはメイン一枚、サブ一枚の合計二枚。

銀行口座で言えば、メイン一つ、投資用二つの合計三つです。

私のキャパではこれ以上は必要ありません。人それぞれ管理の仕方はあると思いますが、厳密に分けなくても問題ないです。

なぜなら現代は家計簿ノートの代わりに家計簿アプリという便利なサービスがあるからです。分けてチェックしている時間が逆に無駄かも・・?

スポンサードリンク

シンプルな家計管理の強い味方はアプリ

シンプルになったら次は家計簿アプリを使って、お金の流れを見える化、自動化する事をオススメします。

家計簿ノートをこと細かに記録出来れば問題ありません。

しかしながら、夫婦共働きが主流になってきた今、ノートに逐一記載している余裕もないかもしれません。

そこで家計簿アプリが出てくるわけです。私はマネーフォワードを使っています。オススメポイントは。

①資産の最新状況が確認できる

家計簿だけでは見えないもの、以下のように資産の状況がわかることです。資産の推移をグラフ化して、見える化することはこれからやるべきことを検討する上で、分かりやすいです。

②支出の内訳も確認が簡単

クレジットカード払いの場合ですが、どこでいくら使ったかを確認することができますので、レシート取っておく必要もありません。

ノートに記入という手間をアプリが代わりにやってくれるのです。しかも自動で計算されることにより、計算間違いが無くなります。

スポンサードリンク

家計が赤字であればすぐにでも

家賃、通信費、水道光熱費なと固定費、娯楽費、交際費など変動費。

毎月様々なお金が支出として消えていきます。

毎月の家計支出が赤字なのは。何にいくら使っているか?が分からないことが原因であることがほとんどです。

管理を極力シンプルにして、お金の流れを絞り込んだ上で、家計簿アプリを使ってより中身を見える化することで、何にいくら使っているか?が分からないままなんていうことは無くなります。

家計が赤字であるのなら、見にくいものを見えるようにすることから始めるのが良いです。

スポンサードリンク

まずは整理することから始める

部屋が散らかっていると、見えるものも見えなくなりがちですよね。かといって我が家が散らかっていないかと言えば、そうでもありませんが笑

お金の管理に関しては、極力散らからないように、少なく、シンプルを維持していきます。

自身の努力+家計簿アプリでよりシンプルな家計管理を目指す

特に家計簿アプリは本当にオススメです。あなたの右腕として家計管理を手助けしてくれます。

現代の便利なサービスをうまく活用していきながら整理して、家計を見やすくし、貯蓄体制を構築していきましょう!

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク