平凡なサラリーマンでも出来るポートフォリオ報告 8月1週目

スポンサードリンク

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

平凡なサラリーマンでも出来る資産形成を目指して日々活動しています!

投資はリスクを伴うので、利益が出れば嬉しいし、一方で損が出た時の喪失感も大きいです。

その中でも私は投資を楽しむことが大事だと思っています。

損得どちらの状況でも楽しんで、成長していければと考えています。やらないよりかはやった方が生活に張りが出ることは間違いありません!

投資は生涯学習だと思っています。資産と共に私自身の成長にもつなげていくつもりです。

それでは今回も保有株の状況報告になります。

よろしくお願いします!

スポンサードリンク

サラリーマンでも作れたポートフォリオの状況

今週のポートフォリオの状況は−35890円とマイナスになりました。相変わらず、XOMは低空飛行で含み損レースの先頭を引っ張っています笑

コロナウイルスが株式市場に影響を与えている間、私は長期投資家としてコツコツと買い増しを行なってきまして、現在の投資金額は800万円に迫るところまで来ています。

投資のリスクはもちろん抱えていますが、その他の分野(住宅ローン、車のローン、奨学金返済など)ではリスクは一切ありません。投資以外のリスクは全く心配ないのでここまでリスクをとることが出来ています。

リスクで言うとXOMは現状私のポートフォリオの中で1番のリスクになります。

それが構成比率で見るとついにXOMが構成比の一番低くなってしまいました。買い増していくなら真っ先にXOMになるのですが。

米エクソン、36年ぶり2四半期連続赤字 需要減や石油価格下落で

引用 https://jp.reuters.com/article/exxon-mobil-results-idJPKCN24W2FO

やはり気になるのはコロナウイルスによる影響です。経済停滞による世界の石油需要が減少する中、原油価格は戻ってはきません。

配当利回りは8.31%と非常に高配当で魅力的な銘柄にあるのですが。取り巻く環境や第二四半期の決算を見るに厳しい状況なのは間違いない。

37年連続増配という輝かしい実績で私たち配当金再投資戦略をとる投資家にとって人気の銘柄になりますが。どうしたものか・・。

と言ってもコロナは永遠に続くわけではないので・・、今後の行く末を一緒に見るためにも買い増ししていこうかな、迷うところです。

今月も買い増しは行なっていく予定ですので、検討していきたいと思います。

スポンサードリンク

配当で見た日本市場

日本市場では日本を代表する企業の赤字決算が相次ぎました。ANA、日産、JR東日本、JR西日本などなど。

コロナウイルスの影響をもろに受けて、減配や無配に転落する銘柄も少なくなく、6社に1社が減配しているとのこと。

日本企業における株主への還元意識は低く、対して配当や自社株買いなど株主還元意識が高い点のが、米国企業の特徴です。

私が税制の不利を考えても、米国に投資する理由はここになります。配当金再投資戦略を取れるのも米国企業の株主に対する還元意識の高さがあるからこそ。

もし日本市場で投資するならと言うことで以前私が考えた構成銘柄になります。こう言う非常時に減配してくるのか、維持してくれるのか?

米国企業と日本企業を比較すると米国企業の方が配当に対しては期待が持てます。

企業と株主の位置関係がこう言う時に露呈してきますね。

スポンサードリンク

未来は誰にもわからない、だからこそ面白い

未来はわからない、何が起こるかわからないからこそ、面白いと最近より感じるようになってきました。

投資を始めて、自分の判断が今後の資産を左右する。勤労所得だけでは決して得ることのなかった感覚が自分自身の成長に繋がっています。

資産形成に限って言えば、正解が分かっているのなら、これだけの投資先、方法は生まれていません。

その正解を実践すれば良いのですから。

今回のXOMのように現状は非常に厳しい状況でも、その銘柄に対して様々な数字や意見を参考に最終的には自分で判断します。

その選択、決断が正解か不正解かが分かるのはまだまだ先の話。そんな先の事を心配するのであれば、楽しんでやっていった方が良いですよね。

私は自分で判断してきた結果、1年半で毎月2万円を超える不労所得を積み重ねることができました。

もし失敗だったとしても、その経験を糧にしていけば決して無駄ではありません。

失敗を過度に恐れるのなら、投資は不向きです。しかしながら投資を取り込んでいかなければこれからの若い世代は特に必要になってきます。

スポンサードリンク

まとめ

私のポートフォリオはディフェンシブ株と呼ばれる景気に左右されにくい銘柄で構成されています。

今回主に話題となったXOMはディフェンシブ株ではありませんが。ディフェンシブ株があるからこそ、XOMを保有、さらには買い増しも検討出来るのだと考えています。

銘柄のバランスを見て、リスクを分散する事。これがポートフォリオを組む上で大事なところです。

バランスを見ながらポートフォリオを組んでいくのは難しいけど、楽しい部分です。せっかく投資するなら楽しんでやっていきましょう!

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。