年収500万サラリーマン 3月4週目 資産報告

okayuです。@okayuchikuwa

「一つ一つの積み重ねが大事」

ウイルス対策に関しても、資産運用に関しても、すぐの効果は望めません。一つ一つの積み重ねが後々に活きてくると思って行動しています。

今週もコロナウイルスの話題で持ちきりでした。

今後も週末は外出規制、自粛が続くのでしょうか・・、続くでしょうね。

これだけ日々、毎日感染者増加のニュースを見てると気持ちは沈みがちですが、世界的でも、日本でも対策を日々行なっています。

新型コロナウイルスを巡る各国の最新状況のまとめ(3月28日現在)

引用 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/28-8.php

私は情報に流されず、適切に判断できるようにしたいと常に思って行動しています。

たとえば、不要な買い占め、買いだめ。

今は買えたって今度買えないかもしれない。不安な気持ちはありますが、こういう時こそ、普段通り行動することが他の人の為にもなるし、結果今後の自分の為にもなると思います。

ウイルスもそうですが、過剰に反応せず普段通りの行動を私は意識しています。

コロナウイルスで沈みがちですが、それでは私の資産状況でも見て、明るくなっていってください笑

一応先週の資産報告も載せておきます。

それでは始めます!

米国市場関連のニュース

米下院、2兆ドル規模の景気対策法案を可決-大統領が署名

引用 ブルームバーグより https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-27/Q7V4R4T0G1L101?srnd=cojp-v2

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で機能停止に追い込まれる国内経済を、2兆ドル(約216兆円)規模の包括的刺激措置で支援することを決めた。米史上で最大規模の景気対策法案を可決し、トランプ大統領が署名した。

2兆ドル・・桁違いすぎて、すごさが逆にわからないですね笑

それほど米国経済がコロナウイルスの影響を警戒しているということ。

別記事(規模は推計)になりますが、経済対策の中身はこのようになるそうです。

出典 日本経済新聞よりhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO57360060X20C20A3EA2000/

FRB、何兆ドルもの「ヘリコプタークレジット」投下へ

引用 ブルームバーグ https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-03-26/Q7TH7SDWX2PY01?srnd=cojp-v2

新型コロナウイルス感染拡大とその影響に対応する大型景気対策がいったん成立すれば、何兆ドルもの資金を米経済に投下することになる。今回の経済対策は2008年の金融危機時の対策を越え、米国が直面する途方もない難局を示唆している。

このことを山火事などでヘリコプターから水を投下し、消火活動を行うことになぞらえて、「ヘリコプタークレジット」と呼んでいるそう。

今年は大統領選挙もありますし、国内経済の継続した成長、雇用の安定がアピールポイントであるトランプ大統領にとって選挙までに対策の効果を出さなければいけない、そんな状況が見え隠れしますが。

このままだと世界経済にも深刻なダメージを与えますからね。各国の対策に期待しましょう。

目次に戻る▶▶

今週の資産報告

資産状況

資産全体の状況は先週比101.7%と上昇、上昇幅はプラス216843円となりました。

今週も米国市場は乱高下しましたが、上記のニュースでも載せたように大規模な経済対策の可決を市場が好感したことから、週間でダウ平均は直近安値から、21%高になりました。

それによって資産も増加しています。

資産は相変わらず1300万円を下回っています。3ヶ月期間にしてみると下落のペースがなだらかになってきました。

長期投資による資産増加を目指しているので、資産状況は特に気にすることではないですが、私が何度も読んでいる書籍「株式投資の未来」で言っている。

「相場下落局面での再投資で保有株を積み増す行動は。下落相場での安全装置(プロテクター)となり、上昇相場の加速装置(アクセル)となる」

これを実際に身を以て経験することで、効果を検証し、今後も記事にしていきたいと思います。

目次に戻る▶▶

配当金の推移

今月はVISA PFE JNJ XOM MCDから配当金の入金がありました。

合計で約15000円と昨年同月比で約2倍となっています。

私の残業時間に換算するとざっと7時間分、働かずに収入を得たことになります。

これから日本への実経済の影響も出てくると思います。サラリーマンの私にとっても生産縮小による就業時間(残業の減少)や一時金(ボーナス)の減少、いつまで続くのか先は見えません。

その時に、不労所得の存在は大きいです。現状から収入が落ちることは間違いないですが、働かずとも異なったところからの収入源がある。

精神的なダメージはその分薄れますし、もしもの時(解雇や転職など)の行動の際、心の支えになります。

本当に行動(投資)するなら、若いうちだと思います。私は30代ですが今のうちに収入基盤をしっかりと作り、もしもの時のリスクを常に考えていますし。

考えるべきだと思います。

早ければ早いほど、「複利」で「時間」をより取ることができて資産形成できる可能性がありますから。

投資のほか、現在私が行なっていることは以下の記事に書いてありますのでよかったらご覧になってください。

・投資 https://okayu-chikuwa.com/現在の資産状況は?パート2/

・ポイント活動 https://okayu-chikuwa.com/楽天の各種サービスに浸かりつつあります/

・支出管理 https://okayu-chikuwa.com/『家計管理』固定費を抑えること/

      https://okayu-chikuwa.com/私の家計簿はマネーフォワードです/

目次に戻る▶▶

これからに向けて

今後も株式市場や日本経済への影響による就業環境の変化など、私の身の回りではこの先明るい話題はあまりなさそうですが、私のやることは決まっています。

・保有株の積み上げ、ポートフォリオの管理

・家計支出の管理(マネーフォワード)

・金融リテラシーの向上

・新たな収入源の構築

・健康管理(筋トレ?)

コツコツ積み上げていくのは、私の性格上あっていますので、特に苦しいことはありませんが。より意識して行動していけば、いつか華開くと思ってこれからも活動していきます。

そしてブログでも記事にしていきますので、末長くよろしくお願いします。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

スポンサードリンク