年収1000万円でも破綻?高収入が資産形成にはつながらない?

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

配当金によって平凡なサラリーマンである私の仕事観が一変しました。

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、マス層サラリーマンのオカユログです!(@okayuchikuwa

昨年から我が家の家計改革を徐々に進めてきて、少しずつ毎月の支出をスリム化してきました。

全てはセミリタイア、経済的自立を獲得する為です。

たとえ経済的自立を勝ち取ったとしても収入が増えた分、その分生活水準を上げてしまっては意味ありません。

今回の記事は。

高年収が必ずしも資産形成とは限らないということを年収1000万円のサラリーマンを例に考えていく記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

年収1000万円は見栄えの良い数値

私も学生の頃は、就職したら、年収1000万円目指して頑張っていこう!なんて夢見た時が一瞬ありました笑

仕事による成功が賃金だとしたら、サラリーマンで1000万円というのは誰しもが希望的観測でも考える時はあるのではないでしょうか?

でも実際のところ私の年収は、半分にも満たないのが実情です。

しかしながら、それでも家計をうまくやりくりしながら、支出は最低限。これをベースに資産運用に臨んでいけば、必ずしも高年収でなくても資産は築けるんだということを学びました。

むしろ高年収であったことによる弊害もあるのではと感じるのが、今回の記事になります。

年収1000万円超でも破綻寸前…高給取り会社員の厳しい惨状

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/6df329687a5077bdaea1dcdf26e8195d1fe59ed0

年収1000万円世帯のデータ

国税庁の調査によると、所得税納税者を対象に「給与所得1000万円以上」と申告している人は、256.1万人ほど。全体の4.8%になります。ちなみに厚生労働省『令和元年賃金構造基本統計調査』によると、平均年収が1000万円を超える、高給取りな職種は129職種のうち3職種。「航空機操縦士」「医師(勤務医)」「大学教授」です。

全体の4.8%というと限られた人しかいないと思いがちですが、人数にすると250万人近くいるようです。

これが多いから少ないかと思うのは人それぞれですが、割合として多いのは、航空機操縦士」「医師(勤務医)」「大学教授」だそうです。

あとは外資系企業とかになるでしょうか。首を切られる可能性がある変わりに、実力次第で年収をあげられるというイメージがありますね。

ここで、総務省『家計調査 家計収支編』2020年を見ていきましょう。平均的な(世帯主)年収1000万円世帯の世帯像になります。

世帯主の年齢はあくまで平均ですが、50歳近いのですね。また半分の世帯がダブルインカムなんですね。

我が家も以前はダブルインカムでした。

それなら納得ですが、一方ダブルインカムだからこそ、危険も孕んでいそうですね。私も妻が正社員として働いていた頃には、世帯年収は900万円くらいでした。

今は離職してパートで働いてもらっていますが、ダブルインカム時と今のお金の使い方というと、やはり食費が多くかかっていたなというのが正直なところです。

やはりお互いにお金を稼いでいるという意識だとお金遣いは荒くなりがちですね。浪費傾向が強かったと今になっては感じます。

持ち家率約8割

また持ち家率は8割を超えています。一人で年収1000万円だとすると、ある程度地位も確立されているでしょう。

またダブルインカムでもこれだけの収入があれば、ローンを組んででも支払いが滞ることはないと考え、家を購入する率もあがるのでしょうね。

しかしながら、ここで高額な住宅ローンを組んでしまえばもしかしたら家計を圧迫することにも繋がりかねません。

私は終の住処、場所が決まり、ローンを組まずとも買えるぐらいの余裕を持たない限り、持ち家を持つことはないでしょう。

高年収=資産が築けるのではない

いくら高年収だからってその分お金の使ってしまっていれば、貯蓄は一向に出来ないでしょう。

実際、お金は天下の回りものと捉える人もいて、宵越しのお金を持たないなんていう人も未だにいるでしょう。

しかしそれでは老後の資産は築けません。今は良いかもしれませんが、それで老後の資産もというわけにはいきません。

そういった考えの人は能力があると思うので、その自信から使えるといった側面もありそうです。一生働き続ける気ならそれはそれで問題ないです。

決して勘違いしてはならないのは、高年収は余程有能な人でない限り、いつまでも続かないと言うことです。年収1000万円プレイヤーの多くを占める「航空機操縦士」「医師(勤務医)」「大学教授」のようにその道の専門家にならなければ維持していくことは難しいでしょう。

ダブルインカムの場合でも現状の年収を維持していく為には、向上していく必要があります。年功序列型の賃金体系が崩れてきている今、より専門的で、重宝される存在にならない限り、エスカレーター式に年収が上がっていくことは難しいです。

これからの時代、資産を築いていく為にまず必要なのは、若いうちから抑えるものは抑える、支出を削減する取り組みが必要になってくるのです。

抑えるものは抑えないと

抑えるものは抑えていかないと、収入に応じて生活水準も上げていくようでは、資産形成はとてもじゃないですが、難しいです。

収入から支出を引いて残った金額をどれだけ多くすることができるかが、資産形成においては大事です。

それは収入の多い少ないに限りません。高年収でも支出が多い、逆に年収が低くても支出が少なければ同じです。1000万円に対して800万円を生活費として使ってしまうのと、400万円で200万円を生活費として使うこと、金額は全然違うのに、残るお金は変わりません。

懐から出て行くお金を出来るだけ少なくする。支出を徹底的に削減する。

これは、有名な書籍 『となりの億万長者』に書いてあったのですが、億万長者は大きい家を持ち、身だしなみにお金をかけている、一目でわかるようなお金持ちばかりではない。見た目はお金持ちに見えなくても、支出を徹底的に抑えることでお金を貯まる土台を作る。

そしてその余剰資金を投資に回していく。こうすることで資産形成の流れが作れます。

と書かれています。

資産形成は倹約から

私のお金持ちの価値観は事業で成功した一握りの人や親世代が資産家などしかなれない特別なものであり、サラリーマンの私には到底届かない領域だろうと決め付けていました。

投資で資産運用を始めるまで資産を築くには高収入になるしかない。(これも重要な要素ではありますが)その為に自分の人生の内多くの時間を労働時間に捧げるしか選択肢はないと考えていました。

しかしながら投資を通じてまずは足元から見つめ、改善する必要性に気づかされました。

倹約を突き詰め、積み重ねていき、少しでも多くの投資資金を捻出し運用に回せば、決して高収入でなくても資産形成に近づくことができる。

そう思った私はまずは固定費の見直しを行いました。

・倹約し足元を固める

倹約とは無駄を省き費用を切り詰めることです。資産形成そして経済的自由を勝ち取る為には。

  • 支出に関して敏感であること。
  • いくら収入があっても支出は変化させないこと。

が重要な要素になってきます。

物の価値を判断する力、無駄遣いしないこと

お金持ちになったとしても自身が購入するモノやサービスから得られる対価がその値段、価値に見合ったものなのか、しっかり判断し購入を検討する必要があります。

・その物の値段と対価が見合っているのか?(車の場合)

例えば人生の中でも大きな買い物である車、私が20代の頃は車=自身のステータスだと思っていた時期があり、良い車、周りに憧れを抱かせる車に乗ることに憧れを抱いていた時期もありましたが、今はその考え方はなく快適に移動するための手段であると考えています。

(私の場合、高級車に乗れたとしても単にその車が良いだけで自分が向上するわけではないと気付きました笑)

それぞれの家庭で必要な条件に見合った車を購入することが重要であり、そこに新車か中古かは関係ありません。

・自身の判断軸が重要

購入を検討する際自身の判断軸がしっかりなければ、お金減る一方で貯めることができません。

自身の中で必要な物、不必要な物の基本軸をしっかりと持ち無駄遣いをしないことそれをいかに継続していけるかが重要です。

倹約とマネーリテラシーの向上

生活の中に倹約という考えが浸透すれば、マネーリテラシー向上も期待できます。

大切な自身のお金を支払って得る物、サービスに対して価値が見合っているのか?を考えることなど、お金に対して興味を持つことがスタートとなるからです。

・マネーリテラシーの向上は重要なキーワード

マネーリテラシーを高めることはこれからの時代大事なキーワードとなってきます。それはサラリーマンとしての雇用形態に変化が起きているからです。

一度入社した会社に定年まで働き続け、定年まで迎えることができれば、老後の余生は安泰、というような前まで当たり前に出来ていたことはこれからはますます難しくなってくると思われます。

日本の伝統的なメンバーシップ型の雇用を改め、ジョブ型への転換が大企業を中心に始まってきているのです。

三井住友海上、ジョブ型雇用導入 21年度から順次

引用 https://www.tokyo-np.co.jp/article/66292/

・ジョブ型を見据え備える

もしジョブ型に転換したら、これまでのような年功序列の賃金アップは見込めません。自身の実力が反映されるので人によって良し悪しありますが、そんな時に備えて労働以外でも稼ぐ手段を身につけておく必要があります。

ジョブ型への転換に伴い副業を解禁する企業も増えてくるでしょう。実際に以下の調査結果も出ているようです。

ジョブ型雇用を導入済・検討中の経営者、70.9%が「会社の制度として副業を認めている」と回答

引用 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000250.000025661.html

ジョブ型に転換することでより自分で稼ぐ力という物が必要になってくるということです。

自分の身は自分で守れるようにならなければ、安心の老後を迎えることは困難になってきます。

収入を増やす取り組みも重要

時代の変化、働き方の変化を恐れず、お金に対して不安のない生活を今後送っていくつもりなら、これまで言ってきた倹約に加えて、収入を増やしていくことが必要不可欠になってきます。

倹約で守りを固め、労働以外にも投資や副業など攻めに転ずることで収入を増やし、資産形成を加速させていくことが不安のない生活を送る重要な要素です。

不労所得+副業で収入の複線化を目指します

サラリーマンとしての安定がなくなることに備え、今から準備しておく必要があります。

労働収入だけに依存しない、自分で稼ぐ力を身に付けることが重要です。

私の場合は。

  • 投資を通じて不労所得の積み上げ(来年度は年間収入40万円を目標)
  • ブログの継続(アドセンスの収益を増やす)

を全力で取り組んでいます。しかしながらこれだけでも足りないと感じており、さらなる可能性を見出す為にプラスαの取り組みも必要になってくると考えられます。

例えば20万円を稼ぐ場合。一つの収入源で20万よりも三つの収入源から20万円の方が収入が断たれたときのリスクが違います。

何事も挑戦する気持ちを絶やさないことが大事、目標を立て目標達成のために取り組んでいくことで少しずつではありますが進んでいきます。

最終的なゴールは経済的自由を勝ち取ることです。

資産形成をしていく上で家計支出を徹底的にスリム化し、収入が増えても決して変えないこと。これを継続して行う必要があります。

例え収入が多くても支出が多ければ常にお金の心配をしなければならないし、逆に収入が少なくても支出が少なければお金の心配せずに暮らしていけます。

倹約+収入の幅を増やし、守りと攻めバランスよく管理することで達成したいと思います!

今回は以上になります、最後まで見ていただきありがとうございます!

それでは皆さんが実りある日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加オカユログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

新たな挑戦!ということでYouTubeも始めてみました!ブログを見る時間がないときに音声で聞き流していただければと思います。

今月更新の動画一覧です!毎週 金、土、日 の3日間、6時30分に更新していきます!

良ければチャンネル登録よろしくお願いします!

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

私がセミリタイア達成へ向け、お金に関して多くを学んだオススメ書籍を紹介しています!