年収500万サラリーマン 保有するHDVについて

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

自粛2日目、今日も一日充実した1日にするために、家の中で出来る限りのことを積み上げていきます。

毎日積み上げていることといえば、朝活です。私は平日も休日も関係なく朝活を行なっています。脳が疲れていない時間に目標に向かって活動をすることは私には合っていたため、継続してそろそろ3ヶ月くらいになるかな?

私はブログの収益化を目指し、毎日1記事更新することを目標として継続しています。毎日更新することは、量より質でしょ!とか言われてしまいそうですが。

日々試行錯誤を繰り返しながら質の向上も目指しています。

そのために朝の時間は重要です。平日は特に仕事終わった後に文章を考える余力が少ないので、脳が疲れていない朝の時間を利用しています。

継続には目標が大事ですので、もし朝活をされる方は目標を明確にして始めることをおすすめします!

それでは今回の記事に入っていましょう。

今回は保有している高配当ETF「HDV」についてです。

よろしくお願いします!

スポンサードリンク

HDVとは

HDVの基本情報(利回りは4月30日現在)

52週最高値 98.49 52週最安値 61.04  利回り 4.62% PER 16.05

HDVとは世界最大の資産運用会社、米国のブラックロック社が提供しているiシェアーズ・コアシリーズの中で米国高配当株にフォーカスしたETFです。配当水準が比較的高位の米国株式で構成される指数と同等の投資成果を目指しています。

引用 ブラックロックHP プロダクトリストより

2位以下も日本でもお馴染みとなっているバンガードやステートストリートなどが並んでいる中で、純資産残高のシェア率は35.5%と圧倒しています。

目次に戻る▶▶

ETFって?

ETFとはExchange Traded Fund の略で、日本語では「上場投資信託」といいます。

ETF = Exchange Traded Fund (上場投資信託)

特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託です。

似ている商品として投資信託に「インデックスファンド」があります。 ETFは、そのインデックスファンドが金融商品取引所に上場しているようなイメージの金融商品です。 

特徴は1銘柄で分散投資ができるところにあります。

個別株によるリスクは倒産するリスクです。倒産してしまえば、保有する株の価値は無くなります。それを様々な企業を組み合わせて保有することで、手軽に分散投資でき、顧客のリスクを分散することが出来るのが特徴です。

引用 https://www.nikkoam.com/products/etf/about/feature

そのリスクを請け負ってくれる対価として顧客は提供企業に経費を払い、運用してもらいます。(HDVの経費率は0.08%

目次に戻る▶▶

HDVの資産構成

私の保有しているHDVは高配当銘柄を中心に全75銘柄(4月28日現在)で構成されています。

引用 https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/239563/ishares-core-high-dividend-etf
引用 https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/239563/ishares-core-high-dividend-etf

HDVの特徴はエネルギー銘柄とヘルスケアで半分近い割合を占めていることです。上位を見ると保有している株がほとんどでした笑

AT&TやCHEVRON、MERCKやそれ以外の銘柄にも分散投資していると考えて保有しています。コロナウイルスによる世界的な経済の停滞を招き、米国株式市場も暴落したため、全てのセクターが売られ、株価が下落しました。

今回ばかりはETFの分散投資の意味は薄れますね。

ちなみにバンガードやステートストリートも高配当ETFは提供しています。

引用  https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VYM_JP.pdf

上記はバンガードの高配当ETFであるVYMの構成になります。金融系が多くを占めていますね。一方でエネルギーセクターの構成は低くなっています。経費率は0.06%です。

引用 https://www.ssga.com/jp/ja/individual/etfs/funds/us-spdr-sp-dividend-etf-sdy

そしてステートストリートの高配当ETFであるSDYは上記のようになっています。こちらは資本財や生活必需品が多くの割合を占めています。経費率は0.35%となります。

目次に戻る▶▶

配当について

重要な配当については個別株ではないので、連続増配はありませんが、過去8回の配当実績を見てみると、安定して配当を出し続けています。

引用 HDV分配履歴 https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/239563/ishares-core-high-dividend-etf#/

高配当ETFはそれぞれの企業で構成銘柄や経費率が異なります。保有する際の判断基準になります。組入れ銘柄の変更や組入れ比率の変更で分配金は金額も利回りも上下しますので、定期的な組み入れ銘柄の確認を行う必要がありますが。

保有しているだけで、分散投資が行えて、リバランスも自動で行ってくれます。経費もそこまで高くないので、個別株を保有するのに抵抗がある。

分散投資でリスクを減らしたい方にはHDVや高配当ETFはオススメだと思います!

目次に戻る▶▶

まとめ

私は個別株の中で、HDVを保有している理由は正直に言うとETFに興味があるためです。また組み入れ上位の中でも保有していない銘柄もあるので、保有しています。

私が保有している個別株はすぐに倒産するリスクの少なく、売り上げ、営業利益、フリーキャッシュフローが安定している銘柄を中心に構成しています。

もし倒産するようなことがあった場合、分散投資であるETFの真価が発揮されます。

発揮されないことを願いますが、分散投資としてのこれからもこのETFを保有し、配当金を再投資していく予定です。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!