年収500万サラリーマン 資産報告 6月2週目

okayuです。@okayuchikuwa

6月が始まりました。なんだかコロナウイルスの話題ばかりで時間の経過があっという間というか、既に2020年も既に半分過ぎてしまいました。

資産の方も暴落色面を経て、現在は大きく株価を戻してきたことから、資産も回復傾向。

ようやく総資産1500万円!を言ってからかれこれ、4ヶ月ほど経過。

暴落局面の最中、私の資産も買い増しを行なってきた成果が着実に身を結んでくると思います。

まだまだこれからですが、地道に着実に資産を形成していきたいと思います。

それでは今週の資産報告をしていきます、先週の記事は以下になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今週の資産報告

・総資産

先週に比べ+357401円と大きく増加しました。冒頭でも話した通り、総資産150万円リベンジになります!

米国市場の回復によって株、投資信託(積立nisa)、idecoと全てのリスク資産が大きく+したことが要因ですね。

一番総資産が下がった時はおよそ1260万円まで落ち込みました。

前回と異なることは投資資金を捻出し、保有株の買い増しを行なってきたところです。NYダウは最高値にまだ2000近く上昇しなければなりませんが。

私の資産は1500万円があと少しまで来ているということは、下落局面での行動が意を結んだということでしょうか。

これが配当金再投資における、下落局面を経て上昇局面に転じた時の資産の加速装置(アクセル)の役割を果たした形ですね。

下落(暴落)局面下落によって割安になっている優良株を買うことで、結果として長期投資における下落局面は保有株を増やすチャンスということを身を以て経験したことになります。

今後、下落局面が来たとしても今回のように行動すれば、資産は回復する可能性が高いこと継続して買い増しを行なっていくつもりです。

スポンサードリンク

5月の非農業部門雇用者数

エコノミスト予測が過去最大の外れ-5月の米雇用統計、予想外の改善

引用 ブルームバーグhttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-06/QBH4B2DWX2PY01

米国で5月の雇用統計の発表がありました。米労働省によると、5月の非農業部門雇用者数は前月比250万人増加。エコノミスト予想の中央値は750万人の減少だったので、期待を大きく裏切った形です。

失業率は1930年代の大恐慌以来の高水準である20%に接近すると予想されていたが、実際には13.3%に低下した。

エコノミストのモデルは、中小企業への融資で雇用維持を助ける「給与保証プログラム(PPP」など政府の救済策を十分に考慮に入れていなかった可能性があるそうです。

予想が低下したと言っても13.3%と非常に高い失業率になりますが、政府の支援策がなければ、さらに低下率が悪化していたことから、政府の取り組みが結果を生み出したということになります。

S&P500の動き

雇用統計が予想に反して、下落率を縮小したことによって。S&P500は週足で大きく上昇に転じて終了しました。

ここまでの上昇は正直驚きですね。経済再開が少しずつ進み、一時解雇されていた人々も戻ってきています。失業保険を継続して受け取る人の数は5月半ばに最悪期を脱しており、雇用情勢が改善する兆しが強くなっていることから。

このまま最高値まで突き進むのか、それとも大きな落とし穴(コロナ第二波)があってもう一度下落に向かうのか。

注視していく必要があります。

どの局面になっても

私の行動は変わりません。株価が上昇しても、株価が下落しても、捻出した投資資金から保有株の買い増しを行うのみです。

長いスパンでの投資なので、現在の株価というのはあまり関係ありません。

2020年はコロナウイルスの影響で経済は停滞するでしょうが。乗り越えた先は強い米国が戻ってくることが予想されます。

その強い米国の経済成長の波が訪れた時、私もその恩恵を少しでも多く受け取れるように、これから淡々と活動していくつもりです。

まとめ

上半期はほとんどコロナウイルスの暗い話題しかありませんでした。しかし各国の対策によって徐々にウイルスの脅威は少なくなってきています。

また治療薬やワクチンの開発が進み、医療現場で活用される日も徐々にではありますが、近づいてます。

まだまだ油断は禁物ですが、どちらに転んでもやるべきことが変わらないということは、ある意味分かりやすく管理もしやすいです。

長期投資はこのような点でリスクや不安を少なくしてくれるんだと思う今日この頃です。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク