年収500万サラリーマン MCD株を購入しました

okayuです。@okayuchikuwa

投資に正解はないと思います。私は高配当再投資戦略を取っていますが、この手法が正解かどうかは分かりません。正解と分かるのは、私の場合、経済的自立が達成できた時です。

正解がないからこそ人それぞれの投資スタイルに個性が出るわけで、みんな儲かればその手段しかしませんしね。

投資にはリスクがつきものですが、リスクを含めても投資は楽しいものだと思いますし、人生を様々な面で豊かにしてくれるツールだと思っています。

株は怖いからやらないのもそれはそれで良いのですが、一回しかない人生なので、やらないよりはやったほうが人生楽しいのではないかと最近考えるようになりまして。

とにかく思い立ったらなるべく早めの行動を意識しています。

今回の記事はそんな経済的自立へ向けた一歩になるであろうMCD(マクドナルド)の買い増しについての記事になります。

スポンサードリンク

MCD(マクドナルド)について

MCDの株価情報

セクター 消費財 (景気循環型) 業界 サービス

52週最高値 221.93 52週最安値 124.23 利回り % EPS 2.87

マクドナルド(McDonald’s Corporation)は「McDonald’s」レストランのフランチャイズと運営を行なっている企業です。

マクドナルドは世界100ヵ国以上で36,000店以上の店舗を展開する、グローバルレストランカンパニーです。日本マクドナルドはこのグループに属し、米国マクドナルドから最新システム技術の提供、グローバルサイズのスケールメリットを受けています。フランチャイズ経営というものですね。

このように商品やノウハウを提供して、売上の数%のロイヤリティ収入を得るビジネスモデルです。

マクドナルドの経営理念は。

Quality(品質)Service(サービス)Cleanliness(清潔さ)そしてValue(価値)

のそれぞれ頭文字を取ってQSC&Vです。

マクドナルドはクイックサービスレストラン、マクドナルドはとしてお客様に最高の店舗体験を提供するため、飽くなき挑戦と絶え間ない改善によって「Q」「S」「C」を向上させマクドナルドならではの「V」を研鑽し続けていくことを使命としています。これが創業者レイ・A・クロックが提唱した不変の理念QSC&Vの向上です。

引用 http://www.mcdonalds.co.jp/content/dam/web/mcdonalds/company/csr/images/CSR2016_QSCV_CSR.pdf

マクドナルドを知らない人は少数派で、食べたことがない人の方が少ないのではないでしょうか。日本では「マック」や「マクド」などの愛称で呼ばれているファストフードにおける世界的企業です。

たまに「マックのハンバーガー」を無性に食べたくなります。他社にはないあの味は唯一無二の存在として差別化されている部分だと思います。

この点は今回購入した理由の一つにもあります。

目次に戻る▶▶

MCDを保有、買い増しする理由

私がMCDを保有し、さらに買い増しする理由は3つあります。

①売り上げ、利益、フリーキャッシュフローが安定している

MCDはここ数年売り上げは下がってきていましたが、昨年は微増でしたが利益を出す力は健在ですし、フリーキャッシュフローも伸びてきています。

安定したフリーキャッシュフローは経営状態が良好な証です。安定した生み出している間は安心して積み増しを行える理由となります。

②安定した配当実績

フリーキャッシュフローが順調に伸びていることから、私たちが受け取る配当金も右肩上がりで上昇しています。

マクドナルドは43年連続増配している銘柄になります。

こちらもコロナウイルスの影響はあると思いますが、今後も連続増配を継続してくれることを期待しています。

③身近な企業を応援する

マクドナルドは世界が認めるファストフードブランドだと思います。一時的にコロナウイルスの影響があったとしても、企業の強みがなくなったわけではありません。

私の保有株の中で、目に見える形で恩恵を受けられる数少ない銘柄です。これからもマクドナルドは利用しますし、応援する意味も込めて購入しました。

目次に戻る▶▶

今回の買い増しによる配当金の変化

今回MCDの株を5株買い増ししました。これで保有株が25株となります。買い増しをすることで25ドルの年間配当が増える計算です。

少しずつではありますが、経済的自立へ向けて歩みを進めています。

今回5株を株価180.40ドル、計90.2ドルの買い増しとなります。今回で年間の配当金が25ドル積み増しされました。このまま配当維持されれば、およそ3年半で購入資金が回収できる計算になります。

本当に少しずつですが、銀行に眠らせておくよりは自分の資産を有効活用できる、そう思ってこれからもコツコツと積み上げを行なっていく予定です。

スポンサードリンク

目次に戻る▶▶

まとめ

コロナショックによる株価暴落から米国市場も少しずつ株価を戻してきました。それに伴いMCDの株価も戻してきてはいますが。

株価はそこまで意識していません、長期的な視野での購入なので、タイミング投資ではなく株価よりも配当を積み増すことに重きを置いています。

長期投資家は「複利」で「時間」を味方に付けて資産形成を目指しています。保有株の買い増しすることで、さらに加速することが出来ます。

株式投資にリスクは当然ありますが、売り上げ、利益、フリーキャッシュフローが安定している限り、売ることはしません。

他の銘柄も同じ点でチェックし、今後も保有、買い増しを行なっていきます。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。