年間配当の目標設定と資産運用方針について

現在の不労所得状況

10月度の不労所得は32567円です。(投資を始めて1年半でこの水準まで来ました)

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

初めまして okayuと申します。@okayuchikuwa 現在30代 適度な田舎な町で平凡なサラリーマンをやっており…

おかゆのFIRE(経済的自立)へ向け日々学んでいくブログ

証券口座はそれぞれに特色があります。自分にとって少しでも有利な証券会社は何か?を考えた結果SBI証券と楽天証券になりまし…

okayuです(@okayuchikuwa

2020年も残りわずかとなってきました。コロナウイルスによって、行動に大きな制限がかかり、県外に出ることなどほぼない一年となりそうです。

資産運用の方は大きな経験を得た一年でした。コロナショックは私の投資人生の中でも一二を争うイベントになるでしょう。

そんな経験のおかげで投資家として成長でき、資産もコロナ前の水準までようやく戻ってきました。

来年以降も不労所得の積み上げに全力を注ぎ資産形成をさらに加速させていこうと考えています。

今回の記事は。

来年へ向けた具体的な目標設定と運用方針についてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

現状の不労所得(配当金)

今年の配当金額は想定通り約25万円で着地しそうです。月平均だと約2万円というところですね。

昨年が約13万円だったので、平均約1万円だったので、約2倍と中々のペースで積み上げてきました。

・20代の貯蓄のおかげ

ここまでのペースで積み上げてこれたのも、ひとえに20代で積み上げてきた貯蓄のおかげです。

20代で貯蓄のみで1000万円を積み上げたことで結果として投資に対する原資は作れていました。

ただ資産の活かし方を知らずにサラリーマン生活に頼り切りの人生を送るところでしたが、株式投資と出会い全ての行動が変わりました。

本当に良かったです、人生の転換点と間違いなく言えます。

しかしながらここからが勝負です。

まだ資金に余裕はありますが、徐々に20代の貯金も少なくなり、そしてコロナによりサラリーマンとしての収入が減少していく今。

資金管理、買い増し判断もよりシビアになってくることが予想されます。家計黒字をどのように維持し、投資資金を捻出していくか。

そして許容範囲のリスク内でかつ資産の拡大を目指していかねばなりません。

2021年年間配当目標

来年度の目標とする配当金は年間40万円を目標にしていきたいと考えています。

月平均にすると約3万円を目指していくということになります。不労所得40万円を達成するための柱は現時点で以下の2つになってきます。

米国株

今年の毎月の米国株の買い増しの効果への投資で予定金額が3100ドルになっています。日本円に換算すると約32万円です。唯一の懸念はXOMの行方がどうなるかありますが、そのための分散投資なので、冷静に対処していくつもりです。

インフラファンド

そして今年新たに投資を始めたインフラファンドに関しては。

「9283」日本再生可能エネルギーインフラ投資法人

2021年1月期(第8期)3,200円

「9284」カナディアンソーラー・インフラ投資法人

第7期(2020年12月期)3,700円

それぞれ年2回同じ金額の分配金がもらえるとしたら27600円の不労所得が得られる計算になります。

これらをプラスすると現状約35万円まで来ています。XOMというリスク要因があるので、それをどのように(保有株の買い増し、新規の買い付けなど)カバーしていくかが課題です。

インフラファンドは再生可能エネルギーを利用したファンドなので、XOMのリスクヘッジにも繋がると考えています。

またインフラファンドは景気に左右されにくいことは今回のコロナショックでも証明されました。日経平均よりも下落幅が小さかったことで、保有することに問題はないと判断し、買い増しをしてさらなる不労所得の積み上げを予定しています。

来年へ向けた投資方針は

米国株で配当金再投資を始めてそろそろ2年になろうとしています。正直ここまでの進捗は出来過ぎで、こんなにスムーズに来れるとは思っていませんでした。

大きな挫折もなく来れているということは順調と判断し、このままの投資スタイルに変更はありません。

米国市場への長期投資をメインの軸に据えて来年も失敗を恐れず積極的に挑戦していこうと思っています。その為に必要なことは。

①収入−家計支出=投資資金を最大化する

②配当金は再投資

毎度言うことは同じで面白みはありませんが、変わらない継続力こそ長期投資には重要です。安定したベースと投資ルールがなければ、相場の荒波を避けていけません。

そして安定的に買い付けを継続していく上で家計管理も重要な要素です。

・収入面

コロナ不況によって、サラリーマンとしての給与も来年以降減ることは間違いありません。一時金もなくなるでしょう(当てにはしていませんが)

ブログも少しずつではありますが、成長してきました。それでもサラリーマン以外の収入の育成が急務になってきます。

来年へ向けて新たな挑戦、取り組みも考えていく必要があると思っており、現在検討中です。

・支出面

収入が減るに伴って、支出もシビアに管理していかなくてはなりません。

来年以降、ワクチンや治療薬が出来たとしても、支出はほぼ出かけていない今年の水準で抑えていければと考えています。

収入に合わせて行動パターンも変化をつけていかなければなりません。

来年へ向けた準備を進めていきます

来年への目標として年間配当金40万円と新たな収入源を得るための挑戦をしていくつもりです。

今年も残り1ヶ月弱、僅かですが目標達成へ向けた重要な期間となります。

ウイルスによって行動に制限がかかり、そしてサラリーマンとしても収入面で苦境に立たされていますが、だからこそ変わるチャンスだと思っています。

逆境をチャンスと捉え、経済的自立へ向けた取り組みを一層加速させていきます。

失敗も成功も全て糧にして自身の成長に繋げていくつもりです!

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

ブログランキング・にほんブログ村へ株式ランキング

私が利用しているサービスです


楽天カード+楽天証券+楽天市場

楽天経済圏への第一歩、

家計の味方楽天ポイントをお得に貯めています。楽天カードだけでも楽天市場でのお買い物がお得に♪

楽天カード

積立nisaは楽天証券、カード決済で積立で楽天ポイントゲット

楽天証券

楽天の各種サービスを利用して最終的に楽天市場で買い物、これが楽天経済圏です。

SBI証券

米国株投資はSBI証券、SBIネット銀行の米ドル為替コストが安いのもありメイン口座です。

SBI証券

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

bitFlyer

ハピタス
ポイ活も積極的に行なっています。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ザ・モトリーフール・ジャパン株式会社

登録無料です。米国株の情報収拾に、投資の参考にしています。

モトリーフール

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。