投資をしていく上での金融リテラシー

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

今回は金融リテラシーの必要性についてです。

崩れゆく終身雇用制度、同一労働同一賃金の検討などで。

一度入社した会社に定年まで働き続け、定年まで迎えること、老後の余生は安泰。というような少し前まで当たり前に出来ていたことはこれから難しくなっていくと思います。

こういった状況を自ら打破していくためには金融リテラシーの向上がこれから一つのキーワードになってくると思います。

スポンサードリンク

金融リテラシーって必要?

私は金融リテラシーが必要か?必要じゃないか?と言われれば。

間違いなく必要だと感じています。

まず金融リテラシーとは何か?

リテラシー(Literacy)とは読み解く能力のことで、金融リテラシーとは金融に関する知識や情報を正しく理解し、主体的に判断することができる能力を指します。
金融庁は「最低限身に付けるべき金融リテラシー」として、①家計管理、②生活設計、③金融知識及び金融経済事情についての理解と適切な金融商品の利用選択、④外部の知見の適切な活用、という4つの分野に分け、適切な収支管理やライフプランの利用など15項目を挙げています。

引用 SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集より

となっています。金融に関する情報を理解するための知識を得て、判断能力を高めることが金融リテラシーの向上に繋がります。

・日本人は世界に比べて金融リテラシーが低いと言いますが。

日本人は世界に比べても金融リテラシーが低いと言う話をよく聞きます。学校で金融に関する教育が行われなかったのが低い要因ではないかと言われていますが、学校教育で教育して来なかったのが理由なのか?

そうではなく、投資を含め金融リテラシーを高める必要性がなかったのが現状だと思います。

勤労所得のみで資産形成が出来て、老後も安定した生活を送ることができる。金融リテラシーを高めなくても十分に生きていけたので、必要なければ高まることもありませんよね。

しかしながら現在は以前のような勤労所得のみで生きていくことは難しくなってきています。投資など労働以外のところでも収入を得ていかなければならなくなった。

人々が生きていくためにはお金は必要不可欠です。お金がなければ行動に制限がかかるのは間違いありません。しかしお金をたくさん持っていても、使い方が下手な人は資産は築けませんし、借金を重ねる人もいます。

プロ野球のスター選手だって、現役時代に何十億と稼いだとしても、引退後には資産がないなんて話はよく聞きます。それはお金の価値を理解できず、浪費を重ねた結果だと思っています。

そこで教養として必要になってくるのが、金融リテラシーという要素ということです。

最低限身につけるべき金融リテラシー

金融庁が最低限身につけるべき金融リテラシーを4つの分野に分けました。

①家計管理

適切な家計管理を行なって赤字を縮小し、黒字の確保を習慣化することです。その為に重要なポイントは。

・使えるお金に限界があることを知る

・収支のバランスを最適化(改善を行う)することを常に意識する

・優先順位を自分で設定し、計画的にお金を使うようにする

・購入する際、必要なものなのか、欲しいものなのかを考える

これらを意識して、そして習慣化することで支出に対する意識を高めることが重要です。

私の場合、昨年固定費の見直しを行い、収支の黒字額を増やすことができました。払っているコストに対して、受けるサービスがコストと見合っているのか?という疑問を持った為です。

例えば。

かけている生命保険は十分な保証内容か(結婚して子供が生まれても、独身時代の保証のままである)とか通信量をそこまで使用しないのに、高額な通信費を払っていたりとかしませんか?

支払っている費用に対して見合っているのかどうかは随時更新していく必要があります。新たなサービスは日々生み出されている為です。

②生活設計

ライフプランを明確にすることです。

ライフプランを実現していくためには、経済的な裏付けとして資金を確
保することが必要であることを理解し、必要な資金を貯蓄・運用、借入
などにより計画的に準備していくことができる必要があります。

2000万円問題など老後の資産に関する心配が噴出してきましたが、それは資産運用を一切考えず、給与所得のみの蓄えで、年金生活をしていく従来のライフプランの場合です。

私はFIRE(経済的自立)を目指し、米国株への投資で得られる不労所得や収入の複線化を目指しています。FIREを達成することが現在の目標です。

具体的な数値は年間支出の200万円を不労所得で賄うことが当面の目標になってきます。

現在地は2019年が約13万円、2020年は約25万円を想定しています。今年の予定額で到達率は12.5%になります。

③金融知識及び金融経済事情についての理解と適切な金融商品の利用選択

単利・複利などの金利、インフレ、デフレ、為替、リスク・リターンなどを理解し、経済の状況に応じて適切な商品を購入することができるように内容を理解すること。

私は米国企業に長期投資しています。配当金再投資を行うことで、複利の力を利用して資産形成を目指しています。

日本株に投資するのも一つの手ですが。世界一の経済大国として依然成長が期待できる米国市場に投資することが一番と私は考えています。

投資によるリスクはもちろん負いますが、リターンを得るためには必要不可欠です。リスクの負い方は1銘柄に集中投資を行うのではなく、数銘柄に分散投資をすることでリスクを分散しています。

④外部の知見の適切な活用

金融商品を購入するにあたり、外部の情報も取り入れること。現在はインターネットを介せば情報は大量に出てきます。その大量に出てくる情報の中でも自分の都合の良い情報ばかりでなく。

不都合な情報もしっかりと取り入れ、理解しておく必要があります。私は調べるときはまずデメリットから調べるようにしています。

デメリットを知った上で、メリットを知る。それでもメリットが上回った時に初めて検討に入るようにしています。最悪のパターンを想定しておけば、リスクの取れる幅も変わってきます。

まずはこれらを理解することが必要になります。

金融リテラシーが低いことの問題点

金融リテラシーが低いことの何が問題なのでしょうか?

2000万円問題など老後の資産に関する心配が噴出してきましたが、それは資産運用を一切考えず、給与所得のみの蓄えで、年金生活をしていく従来のライフプランではこれからの時代は通用しなくなってくることが考えられるからです。

リスクを負って投資に向かわなければ、私たちの親世代のような老後資金に困ることのない生活は送ることはできません。

家計管理が出来なければ、具体的なライフプランは立てられない。立てられなければどの程度リスクを負って投資をするのか判断出来ません。

例えば

ある投資商品を勧められました。

その商品は利息が年20%ついてかつ元本が保証される商品があると紹介されたとします。

これに対して疑問を抱くのか?抱かないのか?で全然違ってきます。

普通に考えれば年利20%なんて商品はそう簡単には見つからない。しかも元本保証。高いリターンには相応に高いリスクが付いてくるはずなのに、元本保証されるなんてこんなローリスクハイリターンな商品は詐欺以外にありません。

こんな商品がたとえあったとしたら、皆んな老後資金なんて気にする必要はありません。

これを適切に判断、行動に移していくために金融リテラシーが必要なのです。

いつからでも遅くはない

現時点で金融リテラシーが低かったとしても問題ありません。

大事なのはとにかくすぐ行動して金融リテラシーを高める努力をすることです。

今の時代検索すれば情報はたくさん出てきます。メリット、デメリットをしっかりと把握した上で課題解決に向けて行動していけば。

金融リテラシーも自ずと高まってくると思います。

時間は待ってはくれません。私も金融リテラシーを向上させ、適切に判断出来るように継続して学んでいきます。

皆さんに私の学んだこと、実践していることを共有し、共に向上出来るように引き続き頑張っていきますので、よろしくお願いします。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

Pocket

スポンサードリンク