投資方針はタイプによって向き不向き?長期投資に方向転換して分かったこと

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

私は短期投資と長期投資どちらも経験しましたが、結果として性格的な部分で長期投資の方が合っていました。

投資方針によって、目指す方向は変わります。

私は今後も10年、20年と長期投資で資産形成を目指し、経済的自立を目指ししていくつもりです。

今回の記事は。

・短期投資や長期投資ってどういうタイプに向いている?

と疑問に思った方に参考になればと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

タイプ(性格)によって投資方針は変わる?

私は投資方針と性格はリンクさせた方が良いと考えています。

自分の性格に合った投資方針で行ったほうがストレスが溜まりません。

投資はリスクがつきものですので、既にストレスがかかっているところに性格に合わない投資方針だとさらなるストレスが溜まります。

・ギャンブル的な要素(短期で大きな利益)を求める人。

元金があるかないかで成果を得るスピードは変わってきますが、コツコツとインカムゲインを積み上げていくことを勧めたところで、最初は月に数千、数年をかけて数万と成果はすぐに出ません(私は1年半でようやく月に2万円を超える不労所得を得るところまで来ました)

ギャンブル的な投資をしたい場合は短期投資(デイトレード)やレバレッジ(少ない投資金額によって大きな取引を行なうことを「レバレッジをかける」と言います。)をかけてキャピタルゲインを目指した投資をした方が性格にはあっていると思います。

短期投資は保有期間が短いので、日々の株価の変動を注視しなければなりません。企業の成長などはほぼ関係なく、その時の相場の流れを読む必要があります。

・慎重派、リスクをなるべくなら考えたくない人

私はこちら側の人間です。短期的に大きな値上がり益(キャピタルゲイン)ではなく、コツコツとインカムゲインを積み重ねることによって達成感が得られるタイプの人間です。

自分のしてきた投資行動が時間をかけることで少しずつ少しずつ形(不労所得)になっていく様子に魅力を感じるなら長期投資は向いています。

短期投資と異なり、日々の株価の変動に右往左往する必要はありません。自分の資金を企業の成長、経済の成長にある意味身を任せていくことで資産形成を目指します。

私は短期投資と長期投資どちらもやりましたが、結果的に長期投資に落ち着きました。

短期投資で失敗した経験

最初は大きな値上がり益を目指そうと短期投資(デイトレード)をしていましたが、結果的には一年間で30万円前後のマイナスで終わりました。

レバレッジや信用取引をしていなかったのが幸いでしたが、短期投資を通じて「時間」が非常に重要だということがわかりました。

何故分かったか?

それはサラリーマンは基本的に日中は仕事しているので、相場を見ることは出来ないからです。刻一刻と相場は変わるのに、ほとんど見て、取引することが出来ません。

これは何より不利な要素です。無知なのは怖いものでそれでもたまに利益が出たりすると「市場を出し抜いた!俺ならもっといける!」なんて勘違いをしていたものです笑

最終的にマイナスになるのですが、その時これって自分の性格に合っていないんじゃないか?と思うようになりました。

私が短期投資が合わないと思った点は。

・コツコツと積み上げてきた人間にはストレスが大きすぎる

・テクニカルを勉強しても相場にいる時間がない(サラリーマンの為)

失敗から長期投資へ方向転換

短期投資を早めに見切りをつけて、真逆の長期投資へ方向転換できたことが結果的によかったです、今の私に繋がっています。早めの判断がもしかしたらターニングポイントだったのかもしれません。

https://okayu-chikuwa.com/不労所得の現在地、やってきたこと/

現在は基本的にバイアンドホールドでインカムゲインを狙った投資方針です。コツコツと保有株の買い増し、配当金を再投資してきたことで、1年半で月に2万円を超える不労所得を得るまでに成長してきました。

私が長期投資が合っていると思う点は。

・相場に四六時中張り付く必要がない

・時間をかけ、徐々に不労所得を構築していくことが出来る

になります。元から要領よくパッと成果を残すタイプではなく、時間をかけて積み上げていくタイプだったのに投資だと何故前者でいけると思ったのか、今となっては不思議ですが。

それぞれ身を置いている環境(サラリーマン、フリーランスなどなど)もそうですが性格、タイプによって適した投資方法は異なると思うんです。

米国株での長期投資で不労所得が少しずつ形になってきたことで、先日日本のインフラファンドへの投資も始める決断をしました、これも長期保有が基本です。

投資で資産形成を目指す上では、自分のタイプを冷静に分析し、投資活動に活かしていくことが重要であると私は短期投資、長期投資両方経験してみて分かったことです。

敵を知り、己を知れば百戦危うからず

孫子の兵法に出てくる有名な一節に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。投資にもこの言葉は当てはまると私は考えています。

株式市場というプロもアマも混在し、様々な思惑が交錯する、言わば戦場で生き抜いていくには、敵を知ることと同時に、己も知ることも非常に重要です。

相手も自分も冷静に分析し、適した投資スタイルを見つけていきましょう!

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。