楽天ふるさと納税で 返礼品をゲットした話(2月分)

Pocket

okayumです。

今年も楽天でふるさと納税を行いました。

楽天でふるさと納税すると楽天スーパーポイントが貯まりますのでお得に納税することができます。

楽天市場でふるさと納税する場合の簡単シミュレーションや私が考える返礼品の選定条件については以下の記事をご覧ください。

本日まで2つの自治体へ寄付を行い返礼品を頂きましたのでそのうちの一つを今回紹介したいと思います。

目次

  • 返礼品の紹介
  • 兵庫県 朝来市 について
  • 私の感じるふるさと納税の魅力
  • まとめ

返礼品の紹介

今年も醤油を頂きました。濃い口醤油とかけ醤油になります。

こむらさき醸造有限会社さんが提供している商品です。

味のレビューは私の舌はそこまで繊細ではないので笑

商品の特徴を。(以下会社のHPの商品情報を載せます)

こいくち醤油(まる大豆醤油)

【特徴】
兵庫県産丸大豆と小麦・食塩を使用し、
杉桶で長期熟成させた本格派の濃口醤油です。
合成保存料、合成着色料は一切使用しておりません。

【用途】
醤油本来の旨みとコクがあり、煮炊き料理はもちろん、
お刺身・お寿司などつけ・かけにも最適です。

【原材料名】
丸大豆[兵庫県産(遺伝子組み替えでない)]、小麦(兵庫県産)、赤穂塩

賞味期限は開栓前2年、保存場所は直射日光を避け、常温で保存。

かけ醤油(かけむらさき)

【特徴】
塩分を控えて仕込んだこいくち醤油とたまり醤油にみりん、だしを加え、まろやかな味に仕上げました。
つけ・かけ専用のおしょうゆです。

【用途】
お浸し・冷や奴・お漬け物・焼き魚などのかけしょうゆとして、
お寿司・お刺身のつけしょうゆとして、また焼肉・照り焼き・
蒲焼きのたれ等にお使い下さい。

【原材料】
脱脂加工大豆(遺伝子組み替えでない)、小麦、食塩、
糖類(砂糖、ぶどう糖)、酒精、調味料(アミノ酸等)

賞味期限は開栓前1年半、保存場所は直射日光を避け、常温で保存。

以前の記事でも話した通り、我が家では保存の効くもの、長く使えるものを返礼品の条件として選択しています。

醤油は食生活には欠かせない調味料です。

朝来市以外にも醤油を返礼品にしている自治体ありますので、返礼品何にしようかな?

となったときに選択肢としてありかもしれません。

【ふるさと納税】蔵元直送!しょうゆセット
価格:6000円(税込、送料無料) (2020/3/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

兵庫県 朝来市 について

兵庫県と言うと、私は野球好きなので阪神甲子園球場イメージしかありません笑

朝来市(あさごし)は、兵庫県のほぼ中央部に位置し、竹田城跡や生野銀山をはじめとする歴史遺産、四季折々に美しい豊かな自然があるまちです。
皆さまからいただきました寄付金をもとに、「あなたが好きなまち・朝来市」のまちづくりを勧めます。

朝来市自慢のお礼の品も数多く取り揃えております。
但馬牛、朝来市のブランド岩津ねぎ、安心・安全で美味しいお米、創業90年の蔵元が丹精込めて造った醤油、天然百花ハチミツ、地元のおばあちゃんの手作り黒大豆入り味噌、自営牧場のジャージー牛から搾ったジャージーミルクと、カマンベールチーズが入ったの手作りチーズケーキ。

引用 楽天ふるさと納税 兵庫県朝来市のページ より

朝来市は今回のふるさと納税で知りました。

知らない土地の名産品を知ることが出来るのがふるさと納税の良いところだと私は思います。

ふるさと納税をしたところを観光するのも楽しいかもしれませんね。妻 小梅にいずれ提案してみよう。 

私が感じるふるさと納税の魅力

昨年からふるさと納税を行なっています。

私が感じるふるさと納税の魅力は。

①返礼品を通じて、その場所の魅力を垣間見ることが出来る

決して返礼品が全てではありません。

その場所の名産を産み出す環境や観光名所などは実際に行ってみないとわかりません。

その場所を知るきっかけとして私はふるさと納税を活用しています。

②税金を自分の意思で納めること

今まではほとんどの税金は給与から天引き、消費税以外だったら自分で納めていたのは自動車税くらいかな?

ふるさと納税は自分で考えて、選択して納税するので。税金に対して、意識が高まりました。

納税額はわずかですが、納税先の自治体がより良い行政運営の資金として使ってくれれば何よりです。

③制度をより魅力のあるものにするべく寄付を行いたい

ふるさと納税は今後も是非利用させてもらいたい制度です。

制度が国民に定着し、ふるさと納税の利用がますます増えていけば。

より良いサービスになっていくと思います。

自治体によっては税金の流出が深刻な問題となっているところもあります。

逆を言えば制度をチャンスと捉え、活かしている自治体があるということ。

切磋琢磨していくことで、魅力ある町づくりは進んでいくと思います。

これからもふるさと納税は継続していきます。今年は残り約50000円積極的に活用していきます。

まとめ

今まで納税する意識はいまいちありませんでした。

ふるさと納税を通じて納税に対する意識を高められたことが私が学んだことです。

私たち納税者側は返礼品を通じて自治体の魅力の一部を知り、ファンになれば来年も納税しようと思います。

自治体側は名産品を全国にアピールする場にもなるし、税収が増えればより積極的に活動が出来ます。

ふるさと納税を通じて自治体がより魅力的になってくれれば、納税の価値がありますね。

これからも積極的に利用していきます。

今回は以上になります。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!