生活防衛資金と資産のバランス

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

サラリーマンの私にとって勤労所得がメインの収入ですが、そこに不労所得を加えることで勤労所得の依存度を下げようとしています。

これからの時代、私達の親世代のような右肩上がりの賃金の上昇は見込めず、さらには終身雇用の見直しも検討されています。

勤労収入が途絶えるリスクは昔に比べれば確実に上がってきています。

私も今のままリストラされたら生活が成り立たなくなります。その為に不労所得を積み立てているのですが、まだまだ道半ばです。

そんな中考えなければいけないのは。勤労所得が途絶えた時に備えておくべき生活防衛資金はいくらか?ということです。

今回の記事は。

我が家の例を通じて生活防衛資金をどのように設定し、資産運用に活かしていくかについて参考になればと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

生活防衛資金とは?

生活防衛資金とはもし収入が途絶えた時でも生活できるお金のことを指し、リストラや病気といった非常事態に備えてお金を用意しておくことを意味します。

非常事態に備えるお金なので基本的には手をつけないお金になります。そのお金を残しつつ、そのほかのお金でリスクのある投資など資産運用を行っていくことが一般的な考えですね。

・どの程度必要?

「生活防衛資金」のキーワードで調べてみると、3ヶ月分、1年、2年分などと様々な意見が出てくることから、一概に金額でいくら必要というのは決められません。

独身や夫婦、子供の有無など置かれている環境が違えばそれぞれ、必要な金額が変わるからです。

独身であれば、生活防衛資金をそこまで意識する必要はないと思います。実家暮らしであればお金も貯まりやすいし、より高年収を狙って転職するといったことへのハードルも低いです。

夫婦が共働きなのであれば、片方が離職してもそこまで問題ありません。一人の稼ぎでも生活費を賄えるのであれば、生活防衛資金は3ヶ月程度でも充分だと思います。

片方しか働いていない状況であれば、ある程度生活防衛資金は確保しておく必要があります。もしリストラされたら、収入が途絶えてしまうので、6ヶ月〜1年分程度は確保しておいたほうが良いです。

このように人それぞれの環境で生活防衛資金の額に変化が出てきますね。

我が家の生活防衛資金と資産の割合

我が家の生活防衛資金は?と言うと1年分を目安に200万円を確保するようにしています。

この金額に関しては、昨年の楽天カードの年間支払額がおよそ200万円弱だったので、この金額をベースに算出しました。

生活防衛資金200万円を頭に入れながら総資産の方を確認してみると。

総資産における現金比率は29.4%(約450万円)ありますので、まだまだリスクを負うことができると言うことになります。

私の行なっている長期投資は「時間」と「複利」の力を最大限に活かす投資手法なので、資金を何も利息のつかない預金で眠らせておくのは非常に勿体無い。

以下の記事でもシミュレーションしていますが、時間をかけて投資していくことでお金がお金を生み出す力は侮れません。

先日インフラファンドへの投資をはじめました、少しずつ割合を増やしていくつもりですので、預金に眠っている資金の割合はより少なくなっていく予定です。

これからやるべきこと、課題

このように生活防衛資金は各家庭それぞれの状況によって様々ですが算出するのに必要なことは、家計支出をしっかりと把握することだと思います。

毎月の支出を把握して現在の状況でどのくらいの期間維持することができれば大丈夫か?相談する必要があります。

その際もし削れるもの(主に固定費)があれば削減も検討していき、支出もスリム化しておけばさらに確保する資金が減り、他のこと(私は投資)に使えるようになります。

我が家は昨年固定費の削減(格安シムへの変更、生命保険の払い済み、火災保険の変更など)を行いましたが、まだ削減余地はあるのでこれからまた精査して行動していくつもりです。

スポンサードリンク

やるべきことは

・株を継続して購入し、不労所得を増やしていく

毎月の家計の余剰資金と企業からの配当を組み合わせて保有株の買い増しを行なっていきます。長期的な資産形成には「時間」が重要なので、毎月の保有株の買い増しは途絶えることのないようにしていきます。

・自分自身の価値を上げる

資産を成長させることもそうですが、自分自身の成長も欠かすことはできません。資格取得も引き続き行い、自分の職歴と共にアピール(転職の際)できる部分を多くしていかなければなりません。

これらを実践し、生活防衛資金を全く心配せずとも生活が成り立たせることを目指すのが、最終的に経済的自立(FIRE)に繋がっていきます。

コロナウイルスによる経済の停滞で今後私達サラリーマンへの影響も出てくるかもしれません、守りの部分と攻めの部分をバランスよく運用しながら給与への依存度を下げ、生活防衛資金の心配もなくなるように活動していきます。

お金に向き合い、改善していくことでお金への不安を少しでも無くしていきましょう。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク