私の目標 経済的自立の達成に向けて

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

今週も自粛の週末です。何か明るい話題はないものかー、と思ってたら米国市場が経済活動再開の期待?から株価を上げて最高値から半分のところまで来ました。私の明るい話題といえばこれかな?

いや保有株の買い増しがしにくくなった点ではあまり良くないかな?笑

前回の賃貸か持ち家かの記事でも軽く触れましたが。

私の当面の目標は「経済的自立」を達成することです。マイホームを持つことではありません。

経済的自立はマイホームを持つことよりも遥かに高い目標だと個人的に思っています。マイホームはローンを組んで、支払いを継続するために頑張る。勿論支払いが滞るリスクはありますが。

一方で経済的自立は金銭面で働かなくても良い状況(資産)を自分自身の責任で、リスク(株価の変動など)を負って作り出していかなければなりません。

この先も引き続き活動していきます。そんな私が経済的自立を目指す上で取り組んでいることをまとめていきたいと思います。

経済的自立について

経済的自立は早期退職を目標とするライフスタイルを啓蒙する活動。米国ではFIRE(Financial Independence, Retire Early)活動として若い世代を中心に広がりを見せています。

働かずに経済的自由を獲得し、アーリーリタイア を目指すことです。今まで私の頭の中ではサラリーマンとして定年まで働き続けることしかありませんでした。それがこの考え方に出会い、人生観が変わりました。

以下の書籍はアーリーリタイアを目指す上で、必要な要素を具体例を交えて解説してくれています。

目標としているFIREを実際に実現した人を少しでも知ることで学ぶことができればと思い購入しました。

より少ない資金でより早くFIREし、亡くなるまで資産を持続させる可能性を高める方法をまとめています。

目次に戻る▶▶

目指すきっかけは?

目指すきっかけはこれからの社会人人生に以下の不安を感じたからです。

・定年まで働き続けるのか?

私の60歳になる約3 0年後、果たして定年退職出来るのか?年齢が引き上げられていたりして、何歳まで働くことになるのか?

また現状では自身も企業に依存していて、やめたくても稼ぐ手段が他にないからやめられない。しかも昨今のコロナウイルス、自分は働けても仕事がなければ思った通りに稼ぐことが難しい、そんな状況に陥った時、給与依存だと打つ手がなくなってしまいます。

・何か対策はないのか?

その状況に陥るかもしれないのに今、この時に何も対策せずに大丈夫なのか…

そんな思いを抱くようになり、経済的自立、FIREを目指して活動していくことを決心し、複利による配当金再投資戦略など収入の複線化を目指しています。

目次に戻る▶▶

定年後の月々の生活費(夫婦二人の場合)

昨年老後2000万円問題がニュースで取り上げられました。

金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」の内容が世間的に話題になりましたね。

高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)

定年後の一般的な家庭の収入と支出を計算すると毎月5.5万円の赤字が発生してくる。毎月の赤字額を亡くなるまでの期間で計算(30年生きるとして)した結果、約2000万円必要になってくる。

5.5(万円)×12(ヵ月)×20(年)=1320万円

5.5(万円)×12(ヵ月)×30(年)=1980万円

生きる年数によって必要な額に違いが生じてくる。

この不足分を国に頼らず、自分達で投資などを活用して準備してくださいというのが老後2000万円問題です。

それを解決するために経済的自立を通じた活動で解決していこうと考えています。

その為にこれから先、出来ること(やるべきこと)は。

・家計支出を常に最適化する

・配当金再投資を継続して行う(複利の力を利用する為に)

・勤労所得以外の収入を増やす(複線化を目指す)

の3点が現状における私の課題です。

目次に戻る▶▶

現在の状況は?

それぞれの課題にどう取り組んでいるのか?

・家計支出を常に最適化する

支出の管理はお金の流れを自動化してくれるアプリ「マネーフォワード」で管理しています。持っている口座とリンクさせることで簡単に資産や支出を管理してくれます。私は月500円(税込)払ってプレミアム会員になっています。その価値はあると思っています。

・配当金再投資を継続して行う(複利の力を利用する為に)

配当金再投資する上で米国市場は最適な投資先です。何故なら、現状世界一の経済大国であること、そして株主還元に積極的であることが挙げられます。後者は度が過ぎて問題になったりしていますが、継続的な成長を続けるためには、株主からの資本提供も重要な要素であると思うので、すぐに方向転換することは難しいと思います。

・勤労所得以外の収入を増やす(複線化を目指す)

配当金で不労所得を得ること共に活動しているのがこのブログになります。まだ始めて3ヶ月です。雀の涙程度の収益しかあげられてませんが、このブログを見てくれる方がいてくれることに感謝し、これからも継続してお金にまつわる話題を中心に、見て楽しめるブログを目指していこうと思います。

目次に戻る▶▶

経済的自立を達成したら?

もしも達成が手に届くところまできたらどうするか?

私の場合完全にリタイアせずに、セミリタイアになると思います。

その理由は

・社会との繋がりは最低限あったほうが良い

と思っているからです。社会との繋がりは持ちつつも、仕事中心ではなく。

家庭が最優先で、時々仕事も頑張る。そのような生活ができたら。無理なくストレスを貯めずに残りの余生を過ごしていけるのかなと妄想しています。

まだまだ経済的自立(FIRE)に向けて歩みを始めたばかりですので、これから先どのように進んでいくのか予想がつきませんが。振り返ってみて充実した人生だったなと言えるようにこれからも頑張っていきます。

人生は一度きり、私も含め皆さんも悔いの残らない人生にしていきましょう!

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!