積み立てnisa 定期買い付けを行いました

okayuです。@okayuchikuwa

今月も積立nisaの買い付け(33000円)が終わりました。毎月淡々と積み重ねることで、将来的な資産形成を目指しています。

定期的な買い付けなので、面白みはないかもしれませんが、リスク管理をする上で私の中で重要な存在です。

私は米国の個別株を中心に投資していますので、利益には20.315%の税金が発生します。積立nisaはその部分で非課税になるということは金額が増えるだけ節税にもなります。

投資普及のための政府の活動ですが、利用しない手はありません。商品をしっかりと選べば時間で複利の効果を実感できる可能性が高いです。

今回はそんな積立nisaの資産報告になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

積立nisaの魅力

積立nisaの魅力は何と言っても。

・売却時にかかる利益が非課税(本来なら20.315%の税金)であるということ。

以前自身の資産をシミュレーションする際に積立nisaも行いましたが、資金に対する運用益の割合が大きい。それは通常かかってくる20.315%の税金がかからないことにあります。

リターンの5%という数値は私の投資しているS&P500に連動したインデックスファンドです。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の年間リターンを低く見積もった計算になります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7d927b1032c81d6a841feedbaf65f2a3.png

積立nisaは利益に対してかかる税金が20年間かからない(一方評価損は損益通算出来ません)のは非常に魅力です!節税にも繋がりますね。

しかしメリットばかりではなく、デメリットもあります。

・損益通算が出来ない

通常であれば、もし株で損失を被ったとしても、他で利益を上げていれば、差し引くことが出来、支払う税金を下げることが出来ますが。

引用 たあんとHPより

積立nisaではそれが出来ません。損失がなかったものとされ、損益通算は出来ない仕組みになっています。

積立nisa資産報告

ここ最近の米国市場(S&P500)の急回復によって、評価益もプラスに転じました。

ここ6ヶ月の時系列推移です。コロナショック真っ只中の3月中旬に過去最低を記録しました。

その中でも毎月の入金に加え、米国市場の上昇相場を継続してきたおかげで資産も階段を登るように上昇してきています。

スポンサードリンク

ちなみに先ほどの損益通算の話に少し戻りますが。

私の現在のポートフォリオの評価益と、損益通算当てはめてみると。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2020-06-07-5.22.43.png

6月8日時点で株の評価益がプラス359026円、そして5月10日の状態のマイナス29887円の状態で20年後を迎えたとします、そうすると。

350926円の税金(20.315%)なので81239円の税金がかかりますが、もし積立nisaでないとすれば321039円に対して税金がかかりますので、74320円で済む計算になります。

それが出来ないのは確かにデメリットにはなりますが、そもそも長期投資ありきの制度なので、20年後の経済成長、そして市場の成長を期待して投資をするものになります。

私がS&P500を選ぶ理由

私が米国株のS&P500指数に連動した商品を選ぶ理由は。

・世界一の経済大国であること

・2050年まで安定した人口増が見込める

が主な理由になります。

積立nisaの仕組み上、評価益を出してなんぼなので、市場の成長が期待できる商品を積立てすることが資産を築く上で、可能性が高い方法です。

その点で言えば、日本市場はいまだに1990年のバブル崩壊前の水準には届かず2020年現在ようやく半分を超えたところです。

米国市場はリーマンショックと今回のコロナショックで大きな調整がありましたが、それ以外はほぼ右肩上がりで株価が上昇してきました。

過去の推移と現在、そしてこれからの状況を踏まえると、日本市場より米国市場の方が有利であると言えます。

その点が私が米国市場(S&P500)に投資する理由になります。

まとめ

投資の導入部として初心者の方にも積立nisaはオススメですが、積立nisaで購入できる投資信託の商品は金融庁が示した一定の要件を満たす投資信託とETFで、その本数は180本以上もあります。

私は高い成長性に期待できる米国市場への投資をオススメします。

もし米国株式市場で積立するのであれば、私が積み立てている。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)か、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)がオススメです。

理由はどちらも管理費用が割安(emaxis slim 米国株式(s&p500) 0.0968% 楽天VTI 0.162%)であることと純資産額が伸びている点です。

20年という長期での投資になりますので、経済成長の期待できる米国の商品を今後もコツコツ積み立てていきたいと思います。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク