米国株コカコーラから配当金を頂きました

現在の不労所得状況

11月度の不労所得は14860円です。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

okayuです。@okayuchikuwa

不労所得を得ることはサラリーマンの私にとって、本当に心の支えになります。

コロナウイルスの脅威は来年も続くでしよう。引き続き経済に悪影響を及ぼすことは間違いありません。

しかしながら苦しい時期こそ、今回のタイトルの通り、保有株から配当金が入金されるのは心強いです。

給与に左右されない新たな収入源として、不労所得は我が家の最優課題です。芯の強い家計づくりを今後も継続して目指していきます。

今回の記事は。

コカコーラ (KO)かの配当金と配当金再投資戦略についてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

コカコーラから配当金を頂きました

今回はコカコーラ(KO)から入金がありました。今回の配当金は85株で3235円でした。

・コカコーラ(KO)とは?

日本に住んでいる人にとってコカコーラを知らない人はいないでしょうし、日本市場にも上場していますが、私が今回頂いたのは米国のコカコーラの株になります。

(MSNマネーから情報は引用しました)

KO(コカコーラ)

消費財 (非景気循環型) 業界 飲料

「コカ・コーラ(The Coca-Cola Company)は飲料会社である。【事業内容】同社は非アルコール性飲料ブランドの所有またはライセンス供与及びマーケティングを行い、炭酸飲料を主要製品として、水、強化水、ジュースと果汁飲料、インスタント茶とコーヒー、スポーツ飲料、乳製品とエネルギー飲料を含む各種スチル飲料を提供する」

日本のコカコーラは米国の子会社となっています。

同じ原液米国のコカコーラは世界にフランチャイズ展開しています。元となる原液はフォーミュラと呼ばれる極秘レシピ(最重要知的財産権)にそって米コカ・コーラ社で調整され世界各国のボトリング会社へと届けられます。

使っていても国によって供給できる水や甘味成分などの原材料が微妙に違うため味や風味に誤差が出ます。

以前私は新婚旅行でバリ島にいきましたが、その時に飲んだコーラは日本のコーラとは違ったのを覚えています。

個人的には日本のコーラは甘すぎて、バリ島で飲んだコーラの方がすっきり飲めて好みでしたね笑

・直近の株価は?

コロナショックによって短期的には下落していますが、米国市場の回復に伴って最高値の半分まで戻してきています。

株価が乱高下していた中でも今年も追加投資を行なってきたことで、配当金の積み増しを行なってきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a83fe6a2e5410484ca55ae515363f4ec.png

買い増しを行なってきたことで現在の含み益は+60339円となっています。コカコーラのようなディフェンシブ株は一時的に株価が下落しても安定した売り上げ、利益で私達投資家に還元してくれますので、安心してホールドすることができます。

・直近の決算は?

コカ・コーラ社は2020/10/22のアメリカ市場開場前に2020年第3四半期決算を発表しました。

コカ・コーラ社が発表した、2020年第3四半期決算の概要は以下の通りです。HPから引用しました。

  • 純売上高…86.52億ドル(前年同期比9%減)
  • 営業利益…22.98億ドル(前年同期比8%減)
  • 同社に帰属する純利益…17.37億ドル(前年同期比33%減)
  • 希薄化後一株当たり純利益…0.40ドル(前年同期比33%減)
引用 https://d1io3yog0oux5.cloudfront.net/_3110c718f1a427d8e4aa6c5c71283758/cocacolacompany/news/2020-10-22_Coca_Cola_Reports_Third_Quarter_2020_Results_1006.pdf

コロナウイルスの影響により、減収減益となりました。コカコーラ社の収入はレストランや娯楽施設などの商業向け製品に依存している側面があり、これらの施設がコロナパンデミックによって通常状態に戻れていない影響を受けています。

展開ブランドの絞り込みで利益率の確保を目指しているそうです。来年以降も影響はあるでしょうが、苦境こそ変革のチャンスであり、企業としてより強くなることを期待しながら、今後もホールドし続けます。

配当金詳細

今回で4回目の配当金受領になり、2020年度のコカコーラからの配当金受け取りは最後です。合計で12466円の配当を受けました。

配当利回りは3.05%で、私のポートフォリオの平均利回り(4.05%)を下回っています。

コカ・コーラ【KO】の連続増配年数は58年です。半世紀以上も増配を続けている企業は米国企業でも数少なく、それだけ安定しているという裏返しですね。

今年の2月20日に増配を発表しました。配当が0.4ドルだったのが、0.41ドルに上がります。増配率、年間増配率ともに2.5%となりました。年間配当は1.6ドルから1.64ドルになりました。

増配タイミングは毎回2月時点です。来年の増配はどうなるのか?動向が気になる銘柄ですね。

・今月の配当状況

今回の配当金によって21396円と今月も2万円を超える配当金になりました。2020年に予定、目標にしていた配当金25万円はほぼ達成できる見込みです。

株価が上昇している時も下落している時も自身のルールを破ることなく淡々と買い増しを続けてきた成果が出てきています。

来年はさらに高みを目指して配当金再投資を継続し、時間と複利を活かして資産形成のために最大限配当金を活用していくつもりです。

・米国株投資は確定申告はセットで

米国企業から頂く配当金は金額に対して、米国の10%+日本の20.315%、合計30.315%課税されます。

その為確定申告で外国税額控除を申請し、米国分で取られた税金をある程度還付を受ける必要があります。

外国税額控除は二重課税を調節するために設けられており、外国で納めた税金をその年の所得税額から差し引ける制度です。

税額控除を申告するとお金が還付されます。今年も確定申告をして余計に支払った分を取り返さねばなりません。

配当金は将来豊かな生活のために

配当金はもちろん今現在使うものではありません、将来の資産形成の為に再投資を行なっていく為のお金です。

合わせて支出を管理し、余剰資金を最大化し、配当金と共に買い増し資金を捻出していきます。

下落局面で含み損が膨らんでくると精神的に厳しいものですが、配当金再投資しているものとしては、優良株が安く購入できる、配当金を積み増すチャンスでもあります。

『配当金の積み増しは下落局面でのプロテクターになり、上昇相場でのアクセルとなる』

『株式投資の未来』で言われているこの言葉に感銘を受け、これからも配当金の積み増しをコツコツ行なっていく予定です。

これが現状私の投資スタイルの大きな軸であり、私の最適解かなと思っています。損失の被るリスクを長期投資で分散し、保有株の買い増しによる配当金の増加で資産形成を目指していく。

将来の資産形成のために、今出来ることをリスクと上手く向き合いながら、2021年度も突き進んでいきます。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を過ごせますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

ブログランキング・にほんブログ村へ株式ランキング

私が利用しているサービスです


楽天カード+楽天証券+楽天市場

楽天経済圏への第一歩、

家計の味方楽天ポイントをお得に貯めています。楽天カードだけでも楽天市場でのお買い物がお得に♪

☆★ネットでのお買い物も公共料金のお支払も楽天カード!★☆

積立nisaは楽天証券、カード決済で積立で楽天ポイントゲット

楽天証券

楽天の各種サービスを利用して最終的に楽天市場で買い物、これが楽天経済圏です。

私は楽天経済圏の住人としてSPU倍率9倍です。楽天市場での買い物1万円であれば900円分常時還元されます。

SBI証券

米国株投資はSBI証券、SBIネット銀行の米ドル為替コストが安いのもありメイン口座です。

SBI証券★業界屈指の格安手数料で 口座数はネット証券No.1!

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

bitFlyer

興味をもたれた方は以下の記事もご覧になってみてください。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。