経済的自立に向けて

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

私の目標は経済的自立を達成することです。そのために長期投資で配当金再投資やブログを作成したりと労働収入に依存しない仕組みづくりをしています。

実際問題、どの程度あれば経済的自立を達成できるのかな?

そしてもし達成した先はどうするか?を含めて考えていこうと思っています。

目標を数値を見ながら考えることで、現実や展望を冷静に受け止め。これからの課題、改善に繋げていく必要があります。

夢を見るだけなら簡単ですが、実現するには簡単にはいかないことはわかっていますので。

それでは今回もよろしくお願いします!

スポンサードリンク

経済的自立とは

まず自立の意味を辞書で調べてみると。

①他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。「精神的に自立する」

② 支えるものがなく、そのものだけで立っていること。「自立式のパネル」

自立の意味を踏まえて、経済的自立を付け加えると。

・自分で生きるお金を継続的に稼ぐことができる。
・収入の範囲内で生活をすることができる。
・お金を貯めて生活の安定を図ることができる。
・親や他人のお金に依存しなくても生きることができる。

その中でも自分で継続的に稼ぐことと収入の範囲内で生活することを今回のキーワードにしていきたいと思います。

目次に戻る▶▶

継続的に稼ぐこと

今までであれば、サラリーマンで定年まで!というのが既定路線というか、社会人としてのあるべき姿として語られてきましたが。

少しずつ変化してきており、日本的経営(企業別労働組合、年功序列制、終身雇用)は限界を迎えつつあります。

終身雇用の限界は近い 日本型雇用を崩壊させる厄介な現実とは?

引用 https://www.newsweekjapan.jp/kaya/2019/11/post-84.php

日本が世界に誇る企業であるTOYOTAの豊田社長が終身雇用の限界を口にしているということは大きな転換点をこれから迎えることになるのは容易に想像できます。

好業績なうちに早期退職を実施したり、優秀な新卒社員に対して高額の年収を提示するなど、従来の枠組みを超えた対応を行う企業が増えています。

大企業を中心としてですが、現実として起こり始めているのです。

スポンサードリンク

ではどうすべきなのか?

それは労働収入への依存を少しずつ解消していくことです。

もし途絶えてしまった時に継続的で安定した収入がなくならないよう、今から収入を複線化していく必要があります。

私の場合は。

・配当金再投資

・ブログ運営

を現在行なっています。どちらもまだまだ発展途上というか、経済的自立なんて夢物語ですが、コツコツ継続、積み上げを行なっている最中です。

目次に戻る▶▶

現在の家計状況

収入の範囲内で生活することは、毎月の家計管理をして、黒字を生み出す仕組みを作り上げることです。

年間の支払いの9割近くを占める楽天カードで確認してみると、2019年は230万円を生活費として支払っていました。

今年に入ってから毎月の家計収支は+5〜8万円を推移しています。

スポンサードリンク

では全国的な平均を見てみるとどうでしょう?

以下の表は総務省統計局が出した2018年度の3,375組に及ぶ家計調査データになります。二人暮らしで支出される平均的な生活費になります。

毎月の支出の平均はおよそ22万円だそうです。家賃は除いた金額のようです。あくまで平均なので、家計によって異なるでしょうが。

ちなみに我が家は家賃を除けば約13万円ほどなので、平均よりはマイナスになっています。

毎月5〜8万円の黒字に繋がっているのは昨年、固定費の見直しを積極的(電力会社、保険、携帯など)に行った所にあります。見直しで毎月約2万円ほど支出の削減に成功。

今年は自動車保険の見直しを行っていく予定で、さらなる固定費の削減に着手していくつもりです。

目次に戻る▶▶

現状を踏まえて

年間の生活費がおおよそ230万円だとすると。ひとまず目標額200万円が経済的自立に必要な金額として設定しようと思います。

私が経済的自立のメインとして考えているのは配当金による不労所得ですが。

今年の配当金予定額は約25万円を予定していますが。まだ12.5%しかたどり着いていません。

さらなる投資資金の確保のためには、収入の増加と支出管理を継続して行なっていくことが重要になります。

目次に戻る▶▶

まとめ

現状を見てみると、経済的自立にはスタートラインを切ったかなという程度で、まだまだ序盤ですね。

今はまだサラリーマンという収入への依存度は高いですが、積み重ねによって徐々に下げていければと考えています。

安定しているから今だからこそ、リスクを負える部分も大きいので、できる限りのことを今のうちに種を蒔き。

10年後、20年後花を咲かせられるように、コツコツ継続して積み上げていきたいと思います。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!