複利と時間 経済的自立に向けた現在地

現在の不労所得状況

11月度の不労所得は14860円です。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

 

okayuです。@okayuchikuwa

2019年から本格的に米国株投資で不労所得の積み上げを始めてから、丸2年になります。

不労所得を積み上げ経済的自由を目指すこと。

目指すきっかけはロバートキヨサキ氏の著書『キャッシュフロークワドラント』を読み、雇用される側でしか収入を得る考えしかなかった自分が異なる立場から収入を得られるように取り組むことで、複数の収入を得ることが出来るのだと知ったことから始まりました。

現在月平均約2万円の配当を頂いていますが、経済的自由にはまだまだ遠い存在です。

夢を現実にするために、日々活動をしています。

今回の記事は。

不労所得の積み上げと経済的自由の現在地をみていきたいと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

配当金再投資で資産を積み上げること

長期投資に必要不可欠な要素である「時間」と「複利」は私が用いている配当金再投資において、企業から頂く配当金を生活に利用することなく、そのまま保有株の購入資金に回すことによって効果を得ることができます。

配当金は現状使ってしまっては意味がありません。あくまで経済的自由のゴールは1年間の生活費を不労所得で賄うことができたら。

頂いた配当金を再投資し、お金をさらに運用することで利息が利息を稼ぎ出し、さらに米国株の魅力である増配というプラスαの要素を活かして不労所得の積み上げを加速させていきます。

経済的自由へ向けて

我が家の場合経済的自由へ向けた目標金額として設定したのは200万円です。200万円と言う金額設定はもし私がサラリーマンを失業して収入が途絶えた時に1年間耐えられる金額として、年間生活費200万円を経済的自由のゴールに設定しました。

これは年間生活費は私の生活防衛資金として最低限残しておく金額でもあります。

1年間耐えている間に資格取得を目指したり、学校に通ったりしてなんとか再就職を勝ち取る為にスキルアップを目指そうと考えています。

目標へ向けた現在地

2020年は米国株での配当金再投資の成果として259002円の配当金を得ることができました。

目標金額に対して現在地は約13%前後になりました。2年という期間でここまで来れたのは、銀行に預けていた貯蓄をハイペースで投資に回してきたからです。

私は環境に恵まれながらも20代のうちに貯蓄のみで1000万円を貯め、倹約の精神を培ってきました。(詳しい記事はページ冒頭の自己紹介欄にあります。)

これから数年はこのペースで投資額を増やしていけると思っています。生活防衛資金200万円を除いても私にまだ待機資金(約300万円)がありますので、この資金をどう活かしていくのかを現在検討中です。

しかしながらこのペースで投資額を積み上げていくには今の収入ではいずれ行き詰まる時がきます。

入金力を高める為に

今後の課題としては、生活防衛資金を守りながらも入金力をどう維持していくのかです。

  • 配当金再投資
  • キャピタルゲインの為テクニカル分析の勉強
  • ブログを継続更新

得られる配当金はもちろん家計支出で使うことなく、そのまま株の購入に回すことです。複利と時間を味方につけ資産形成を目指すには企業から頂く配当金で企業の株を買うサイクルを維持することが重要です。

毎月の投資資金の捻出プラスαで購入ペースを維持する、できれば加速させていきたいと考えています。

2020年に引き続き収入の最大化に力を入れる2021年になりそうです。

不労所得を積み上げること

私の投資の軸は今も将来も仕組みが成立している限り、配当金再投資で不労所得を積み上げていくことです。

昨年から今年は約倍の不労所得を積み上げました。そして来年は約1.5倍の不労所得を積み上げようと毎月投資資金を捻出しています。

この1.5倍のペースをなるべく維持していけるように活動していきたいと思っています。

もし現状の総資産で200万円を生活防衛資金とすると総資産に占める割合は12.5%、流石に少なすぎじゃない?と思われるかもしれません。

しかしながらサラリーマンという安定した収入が確保されているうちは、強気の姿勢は崩さなくとも問題ないと考えています。

日本の雇用制度であればサラリーマンを簡単に解雇することはできません。収入が途絶えることに怯える必要が今の所なければ、この強みを維持できているうちにどこまで投資に向けられるかが鍵となってきます。

労働収入の上昇はあまり期待していません、これからもワークライフバランスのライフを最優先に行動していくつもりです。

それよりやるべきこと(収入の複線化)を重点的に取り組み労働に依存しない形で経済的自由を目指します。

自分の信じた道を愚直に継続していくこと

家計では収入>支出の差を大きくすること、投資では1名柄に偏ることなく、そして銘柄に惚れることなく淡々と株式購入を継続していく。

この2点をどこまで継続し、投資のペースを緩めずにいけるかが、経済的自由へ向けた歩みのペースを変えます。

今年に限らずこれからも配当金再投資をし続ける限り、継続していくべきことです。

自分の決めたルールを信じること

投資に未来は読めません。推測で動いているからこそ株価が上下するのです。

自分の決断が良い方向に行く時もあれば、悪い方向に行く時もあります。一つ一つの出来事に一喜一憂せずにルールをどれだけ守って投資を継続できるかが重要です。

誰しもミスはありますし、しないことは決してありません。そのミスを乗り越える為に銘柄や時間を分散し一つずつのミスの影響を少なくしていくのです。

ミスを恐れて消極的になるのであれば、私はたとえしたとしても積極的に行動していこうと思います。

これからも経済的自由に向けた様々な活動をブログで報告していきますので、末長くお付き合いいただけたらと思います。

まだまだ道半ばですが、継続は力なり です。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

 

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

ブログランキング・にほんブログ村へ 株式ランキング

 

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

興味をもたれた方は以下の記事もご覧になってみてください。

スポンサードリンク