貯蓄力は20%が理想?毎月5万〜10万円の投資資金捻出の為に

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

貯蓄率を上げることこそ、投資でリターンを目指していく前に意識すべきことなのかもしれません。

残すお金を増やせば増やすほど、家計管理にも余裕が出来ます。

少ない資金で資産運用し、経済的自立を目指している私にとっては、投資の継続に浪費は大敵です。

私はレジで会計しながら、日々かかっている生活費を計算しています。頭の片隅に入れながら、行動することを習慣化しています。

そうして生み出されたお金を投資資金に回す。これが私のルーティンです。

今回の記事は。

前日に引き続き、貯蓄力について、そして投資リスクを絡めて記事にしていこうと思います。

前編はこちらの記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

前回の少しおさらい

前回までは、貯蓄力の大事さ、貯蓄力のある人が享受できるそれぞれメリットについて触れてきました。

1)貯蓄力のある人は苦しまずに自然にお金が増やせる

2)貯蓄力のある人は借金をせずにすむ

3)貯蓄力のある人はリスクを取って運用ができる

上記の3点になります。

では、資産運用をして行くために、大事な貯蓄力をさらに高めて行く為にはどうすれば良いのか?考えていこうと思います。

今回も引き続き以下の記事を参考にしていきます。

年収が多いより「貯蓄力」が高い方が勝つ!

引用 https://news.mynavi.jp/article/20210510-1886281/

貯蓄力の計算式は?

貯蓄力は簡単な式で計算することができます。

(貯蓄額)÷(年収)=(貯蓄力)

です。年に20万円貯められる人が年収500万円であれば貯蓄力は0.04(4%)ということになります。貯蓄力のある人だとこの数値が0.20(20%)くらいになります

年収500万円で、4%の貯蓄力はあまり考えられません。手取りで大体400万円切るくらいなので、年間350万円近く使用していることになります。

生活費にいくらお金がかかっていても、ここまで貯蓄できない家庭があるのだとしたら、それは家計的に問題だと思います。大至急改善が必要です。

昨日の記事でも軽く触れましたが、実家にいた時は、小遣い3万円以外はほぼ全て貯蓄に回していたので、ボーナスを含めれば200万円近くは貯蓄していたと思います。

貯蓄率にしてみると40%になりますね。だからこそ、5年弱で1000万円の資産を築けたのだと思います。

では貯蓄力を増やして行く為にはどうすれば良いのか?と言えばだいたい予想はつくと思いますが、支出の削減が鍵となりますね。

1)収入を増やし、生活費はそのまま

現状の若者中心に、転職という言葉に抵抗は無くなってきているのではないでしょうか?

転職に対するハードルも意識も下がっています。所属している企業で思うように年収もあがらなくなってきたこともあり、当たり前の世界になっていくでしょう。

また、コロナ禍における働き方の変化によって、副業、兼業を解禁する企業も多くなってきました。

収入を増やすことができれば、必然的に貯蓄できる金額も増えていきます。

しかしながら、増えた分使ってしまっていては意味がありません。生活費を如何に維持するかが大切な要素になってきます。

私の場合、株の配当金という不労所得を得ています。今年度は年間40万円なので、一回分のボーナスをもらったようなもの。

また積立nisaの年間積立額を不労所得でもらえていると思えば、持ち出しなく将来の積立額できているということになりますね。

2)収入はそのままで、出費を減らす

もう1つのパターンは収入を増やすのは難しいが、出費を減らすことで貯蓄力をアップさせようというものです。

毎日なんとなく使っているムダな買い物や固定費用を一度チェックしてみることで、数千円から数万円の貯蓄力を作ることはできるはずです。

私は2019年にまとめて固定費の見直しを行い、毎月2万円近くの、生活費の削減に繋がりました。

電気、各種保険、携帯キャリアなど見直すところは様々です。チリも積もれば山となる。

切り替えの手間などで、軽視しがちですが、案外馬鹿になりません。

生活費を抑える(貯蓄力をたかめる)は資産運用にも活かせる?

貯蓄力を上げることが資産形成において大事な要素なのは間違いありません。残るお金が増えれば増えるほど、家計管理は楽になり、そして次のステップ、投資で資産形成を目指していく場合において、大きな支えになります。

何故か?と言えば生活費を抑える意識で日々取り組んでいけば、次第にマネーリテラシーの向上も目指していけるからです。

投資にはどうしてもリスクが伴ってきます。大きく損を被る可能性はないとは言い切れません、というか投資をしていればほとんどの人が一度は遭遇するでしょう。

もしもの時のために、貯蓄力を高めておけば、実際に不測の事態に遭遇しても、素早いリカバリーが可能になります。

仮に100万円損をしたとしても、月に5万円貯蓄できるとしたら20ヶ月かかりますが、10万円であれば半分の10ヶ月で済みます。

生活費を抑えること、そして日頃から貯蓄力を意識して行動することで、投資リスクもカバーし、よりリスクの取り組みやすい環境を作ってくれるのです。

毎月5万から10万円の投資を続けて

2019年から本格的に米国株への投資を始め、長期投資を軸にここまで投資してきました。

毎月5万〜10万円の間でコツコツと保有株の買い増しを行なっています。その買い増し予算は毎月の家計黒字と企業から頂く配当金です。

それ以外にもボーナスなどはほぼ全額投資など余ったお金は銀行に眠らせておくのではなく、時間をおかずに運用に回すことで、19年開始が200万円弱だったものが、最近の米国株高の背景もありますが、1200万円を運用するまでになりました。

何故ここまでできるのか?それはもちろん貯蓄力を維持し、リスクをより取りやすい環境を構築できたことが大きいです。

前日貯蓄力を身につけるメリット、そして今回は貯蓄力を増やしていくにはどうすれば良いか?ときました。そして明日は最後の貯蓄力をつける為の具体的な方法について解説していこうと思います。

今回は以上になります。最後まで見てくれた方ありがとうございました!

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

オカユログ - にほんブログ村

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
米国株ランキング株式ランキング

                                    

私がセミリタイア達成へ向け、お金に関して多くを学んだオススメ書籍を紹介しています!