賃貸派の私が持ち家を購入するとなったら?考えること

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

家自体にも価値を見出す外国の文化とは異なり、日本は中古住宅よりも新築住宅をというスタイルです。

皆が新築を建てるのが主流の為、日本は住んだ瞬間に価値が下がるというという自体に遭遇しているのもよく耳にします。

考えてみれば当然のことで、家を建てるには当然メーカーも利益を出さねばなりません。

その宣伝費や営業費などが住宅価格に加わる、この盛られた金額が大きければ大きいほど、住んだ瞬間に価値が下がるという事態に陥るのです。

家がこれだけバンバン建てられれば家そのものの価値を見出しづらい、その為資産として捉えるのは難しいかなと思い、またそれに多額のローンを組んでまで住むのはどうかな?と私は考え、賃貸に暮らしています。

しかしながら終の住処などいずれ来る?かもしれないときのために今回の記事は。

賃貸派の私がもし住宅(土地)を購入するなら?という視点で考える記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

持ち家、賃貸論争は不毛

そもそも持ち家と賃貸を比較してどちらにメリットがあるとか、ないとかネットや世間では言われていますが。

そんなものは不毛な議論だと思っています。どちらが良いか?ではなく満足出来る方を選べばよいと考えているので、優劣をつける必要はありません。

答えは人それぞれ。家庭環境で異なるから最適な答えは自分自身で出すのが良いということです。

昔の営業マンのセールストーク(ネットで情報が蔓延っている今でも言ってる人いるのかな?)みたいなのでもし家を購入する判断をするのだとしたらそれは明らかに情報収集不足です。

改めて言いますと私は賃貸派です。なぜか?という詳しい理由は以下の記事をご覧になってみてください。

とにかく住宅取得は大きなお金が動く

一般的なサラリーマンにとって持ち家を購入するのは人生の中で一番大きな買い物です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9eec8274a93eb13e01cc6a0d18abee35.png
引用 住宅金融支援機構「フラット35利用者調査2018年度」より

フラット35利用者調査2018年度によると、購入価格の全国平均は、土地付注文住宅が4,112.6万円、建売住宅が3,442.1万円、マンションが4,437.2万円となっています。

購入にはローンは必須

例えば土地付注文住宅の平均購入価格約4000万円を500万円を頭金で3500万円を借り入れたとします。年利1.3%が適用されるので。

ボーナス支払いなしだと毎月約10万円、総支払額は4359万円になります。

頭金なしでローンも組めますが、貸す側のリスクも考慮されるのでさらに金利は上昇しますので、支払い総額はさらに増えます。

とにかくこの住宅ローンの部分がネックとなります。長期的にローンの支払いをするのは今このご時世良い選択なのか?

家計がどんな状況になろうとも支払いは続けていかなければなりません。ある意味で自分の人生に縛りを加えることに私個人としては非常に抵抗があります。

スポンサードリンク

もしも住宅を購入するとしたら?

賃貸派の私ですが、もし住宅を購入するとなったら私としては以下の事柄を検討します。

  • 住宅に使える資金は?
  • 支払い能力に余裕があるか?
  • 現状の家庭環境
  • 住む場所への愛着
  • 住む場所の周辺の治安
  • 災害への備え
  • 近隣の状況(昼夜問わず)

その他にもまだまだある気がしますが、現時点で考えられることは以上になります。

これらを考慮に入れながら、夢のマイホームなのか?現実的なマイホームなのかを冷静に検討します。

夢に突っ走って勢いでいくのもありっちゃありですが、後々後悔しても時すでに遅しですからね。とにかく購入するとしたら冷静に判断することが大前提にすると思います。

人生で最も大きなお金が動きますのでね。

※あくまで賃貸派の私の意見です。

投資という観点も

持ち家を持つとしたら、さらに言えば、投資の視点を持つべきと思っています。不動産投資とまではいきませんが、土地選びにはこだわります。

地価の上昇、下落の要因の一つとして需要と供給のバランスがあります。需要が大きいところに供給が追いついていなければ価格は上昇します。

もし私が住居を構えるとしたら新たな人の転入が盛んなところ、地価の上昇が見込める可能性があるところにします。

そんなこと言ってもそのために引っ越すのか?と言われるとそうではありません。最も現状田舎暮らしの私には可能性は限りなく低いので、投資の観点は捨て、それ以外の部分を真剣に検討します。

実際に実物の不動産投資をしなくてもREITも投資をするという手段もあります。

スポンサードリンク

もし購入するとしたらローンは組みません。

自分自身の資産、経済以上の無理な借り入れをすることは絶対にしません。

「私の中で手に届く範囲=ローンを組まずに購入できる余裕の資産がある」

これが私の考える戸建てを現実的に考える判断基準となります。なので現時点ではまだまだ夢のマイホームということになります。

私が持ち家を本格的に検討するのは残り余生に対する資金の目処がたち、終の住処、場所が決まった段階になると思います。

まだまだマイホームは遥か先になりそうです笑

今回は以上です。最後までみてくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を過ごせますように。

以上オカユログでした!@okayuchikuwa

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

bitFlyer
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。