現状の資産を見直す

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

家計にあるお金をさらに有効活用するために、家計の見直しを続けています。

支出をスリム化すると共に、今後1年か2年かコロナウイルスによって企業の業績が低迷し、思うような給与が得られなくなる可能性もあります。

残業代を見込んで、家計を管理していません。

あくまで残業なしでも毎月の家計が黒字になるように管理をしています。

極力出る支出を少なくする努力を続け、手元に残るお金を増やすことに全力を注ぐことはこれから生きていく中で、いつまでも課題になってくる部分です。

今回はその中でもメスを入れるべき部分についてです。

本日もよろしくお願いします!

スポンサードリンク

現在の状況

総資産に対する各種項目の割合になります。リスク資産(株式、投資信託、年金)で58.74%と約6割近くになっています。

リスクの許容範囲は人それぞれ環境や家族構成によって変わりますが。

・夫婦2人暮らし

・妻は看護師資格を持っている(常に人手不足の業界)

・私は正社員だがこれといって資格を持っていない

妻は現在働いておらず、大黒柱である私に強みがないため、所属会社の経営状況に左右されやすい、ある意味で脆さがあります。

その為に配当金再投資戦略をとり、不労所得で収入源を増やす努力をしています。

コロナウイルスの影響は確実に私のところにも迫ってきていますので、今出来るうちになるべく保有株の買い増しを行なっていくべきと考えています。

その中でメスを入れるべき候補として生命保険をどうするかを現在検討しています。

生命保険をどうするか?

生命保険は現在払い済みの終身保険と全労済の保険に加入しています。

払い済み保険とは?

払い済み保険とは、生命保険の見直し方法の1つで、保険料の支払いが厳しくなったときに、契約内容を変えて保険料の負担を小さく変更する保険制度です。

保険金額はその時点での解約返戻金の金額に応じて計算し直されて減額されますが、保険期間は一生涯続きます。

そして解約返戻金は減額されず、その後も少しずつですが増え続けます。

引用 保険の教科書 より https://hoken-kyokasho.com/haraizumi-hoken#:~:text=%E6%89%95%E3%81%84%E6%B8%88%E3%81%BF%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E4%BB%A5%E9%99%8D%E3%81%AE%E4%BF%9D%E9%99%BA%E6%96%99%E3%81%AE,%E6%9C%9F%E9%96%93%E3%81%AF%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%80%82

払い済みの保険なので現在月々の支払いはありません。保証内容も亡くなった場合に約200万円の保証が下りる予定です。

しかし全労災も加入しているので、そこまで必須の保証ではありません。

では何故継続しているのか?

払い済み保険の特徴である、解約返戻金が増え続ける部分。利息が年間2%つくからになります。

なかなか現在2%つく保険商品はありませんので、ある意味で貴重なのと。支払った額に対して今解約すると、返戻金が低いこと(解約すると損をする)です。

終身保険は貯蓄性があって掛け捨てじゃないのがメリットとして挙げられますが。

早期に解約すると解約返戻金が掛け金より少なくなるというデメリットもあります。

契約した当時はライフプランなんて考えてもいない時に契約した保険ですから。ひとまず、払い済みにして支払いをやめ、利率2%で運用しています。

配当金再投資の観点から

現在の解約返戻金は1032325円となっています。現状年利2 %が保証されていますが。

配当金再投資をしている身としては、さらなる投資資金という観点から見るとうまく活用できていないのではないか?

と考えています。

約100万円でポートフォリオの平均利回りは現在3.86%なので、単純に計算すると38600円の配当金が出ます。一方で払い済み保険の年利2%だと20000円なので。この時点で差がありますが。

さらに配当金は再投資ができます。

これにより38600円を保有株の買い増しに使えるということになります。

企業から頂いたお金をそのまま株の買い増しに使うことで不労所得さらには資産形成のペースを増やすことができます。

高い勉強代とはなりますが、現時点で損切りをして未来への資産形成に繋がる行動をしていこうと考えています。

その為に改めて。

・現在の生活防衛資金

・全労済の保証内容

・家計支出の変化

それぞれを再度確認して、総合的に判断していきたいと思います。

まとめ

限りある資金の中で、無駄にしておいて良い資金はありません。少しでも有効活用出来るように考え、決断していかなければなりません。

これも投資を経験してきたから考えられたことだと思っています。

リスクをしっかりと考え、許容範囲を設定して、投資をしてきた経験があるから。さらなるリスクが取れることが分かり、今回の生命保険の検討に至ったのだと思います。

投資は様々な経験と知識の幅を広げてくれます。

ある程度の貯蓄があるのであれば、投資をオススメします。成功も失敗も経験が人を成長させてくれます。

失敗を恐れていてやらないのであれば、失敗を想定してリスクを設定し、まずは行動が重要です。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!