資産1.5倍かたや半減「確証バイアス」の罠

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

配当金は人生を変える?までは言い過ぎですが笑 それくらい転換点となっています。以下の動画から。

「配当金は私の心の支えです」

配当金によって平凡なサラリーマンである私の仕事観が一変しました。

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、マス層サラリーマンのオカユログです!(@okayuchikuwa

投資って買いたい人と売りたい人、需給のバランスで価格が決定し、その時々で利益を出す人、損失を出す人が出てきます。

私も短期投資で失敗し、一時−30万円の含み損を抱え、損切りした経験があります。

その時に陥っていたメンタル、考え方は反省すべき点として今の投資活動に活かされています。

今回の記事は。

投資活動、資産形成における「確証バイアス」についてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

ビットコイン投資で“資産5倍”と“半減”

ビットコインは今、多くの投資家が注目している投資先(投機先?)として最もホットなものではないでしょうか。

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が運用先としてビットコインに多額の資金を入れているのも話題となっています。

今回はビットコイン投資が題材になっていますが、これは株式投資にも活かしていける考え方です。失敗した中村さん(仮名)と成功した岡田さん(仮名)を比較しながら記事にしていこうと思います。

ビットコイン投資で“資産5倍”と“半減”──2人の投資家の明暗を分けた「確証バイアス」

引用 https://www.coindeskjapan.com/102110/

ビットコイン投資は投機である

ビットコインはそもそも、政府公認の通貨ではなく、投資している人たちの信頼で成り立っている通貨です。

その為通貨の価値が急に消し飛ぶ可能性は充分にあり得ます。その信頼性が株や債券より著しく劣っていることから、価格は株や債券に比べ比較にならないほどに価格変動幅が大きい商品です。

変動幅が大きいということはリスクの高い商品ということです。大きく利益を出すときもあれば、その逆もある。

初心者にとっては今、最もリスクの高い商品でしょう。

私も仮想通貨投資は行なっていますが、非常に少額で総資産の1%にも満たない、なくなっても良い資金の範囲で保有しています。

失敗した人、成功した人

友人の話を受けてボーナス全額をビットコインの投資に突っ込んだそうで、そして残念ながら大切なボーナスは半分になってしまったそうです。

「なんでボーナス150万を全額ビットコインにしちゃったんだろう……たった数日で70万になってしまった!」──。

一方で岡田さんも友人の話を受けて、ボーナスを仮想通貨に投じたのですが、こちらは数時間のうちにボーナスを1.5倍に増やすことに成功したそうです。

価格が過去最高を記録し、チャートの動きが鈍り始めたところですべてのビットコインを売却し、岡田さんは数時間のうちにボーナスを1.5倍に増やすことに成功したのだった。

時間軸で見るとどれだけ変化が激しいかわかると思います。たった数日、数時間で価格が大きく動く可能性がある。しかも仮想通貨は市場が閉まることがありません。

24時間取引ができます。それが仮想通貨の魅力の一つとして宣伝していますが、それは逆を言えば、常にリスクと対面していることになります。

まずこの部分をどう捉えるか、私は常にリスクに晒されている状況に総資産の大半を捧げるメンタルはまだありません。たとえボーナスだとしてもです。

そもそも仮想通貨投資に大きな金額をかけること自体、今の私には無理な話なのですが、そんな中でも二人の投資家の間の成功と失敗を分けるものはなんだったのか?

それはビットコインに限らず、株式投資をしている私にも勉強になる、ある一つの考え方が影響しています。それは。

「確証バイアス」というものです。

二人を分けた「確証バイアス」

そもそも確証バイアスとは何かというところから入っていきます。

確証バイアスとは。

自分が考えている仮説が正しいと証明できる情報ばかり集め、反証の情報を集めようとしない、さらには無視しようとする心の動きだ。

それを踏まえた上で中村さんの行動と、岡田さんの行動を切り抜いてみると、まず中村さんは。

今後も値上がりするだろうという専門家のレポートをいくつも読んで確信を深め、「今年のボーナスは投資に回そう」と決めた。

次に岡田さんは。

ビットコイン投資に対してポジティブな印象が強くなり、期待感が高まっている。そう気づいた岡田さんは、あえてビットコイン投資に対するネガティブな情報を積極的に探した。

一方はポジティブな情報をかき集め、もう一方ではネガティブな情報をかき集めた。

投資判断に大事な情報に対してどのようにアプローチしたか。たったそれだけなのですが、それが今回大きな差となって現れたということです。

私も「確証バイアス」の罠にハマりました

自分に有利な情報、満足させてくれる情報を集めたくなる気持ち、すごいわかります。

私も株式投資を始めた当初はこの「確証バイアス」に見事にかかっていました。株価が上がっている時は良いのですが、下がっている時に損切りをしてしまったら、自分の判断が間違っていたことを認めることになる。

それだけは避けたいと、ヤフーファイナンスの掲示板を見たり、これから上昇する!というアナリストの情報だけをかき集めて、自分は間違っていないと思いたいだけでした。

自分の失敗を含め、私の投資遍歴はこちらの記事から↓

しかしながら自分が満足してるだけで、資産が築けるなんて甘い世界ではありません。

ネガティブな情報にこそ、価値があると気付き、今はそちらの情報を集めるようにしています。

これは投資に限らず、商品を購入する時など、自分の貴重なお金を投じる時には全て活かされています。

リスクの大小に関わらず意識すべき

私は極力銘柄を分散して、リスクを極端にしないようバランスを意識しながら投資をするようにしています。

とは言え、自分の投資スタイルや行動が失敗していないと思いたい・・。そう考えることはある意味仕方ない部分かと思いますが、「確証バイアス」にはかからないことを常に頭に入れて行動しています。

これは金額の大小に関わらず、意識すべきで、私の考えではありますが、あくまで資産形成が目的なのであって、自分が満足することが目的ではないと思っています。

資産という数字で見えるものなので、良いか悪いかは数字である程度判断することができます。

成果が出ていなければ、変化を加えていく。そこを恐れる、また頑固になって変えないのは資産形成において邪魔になりかねません。

常に俯瞰して自分を見て、冷静に判断すること。せっかく費やした時間を無駄にしないように、常に時間を意識しながら行動すること。

マネーリテラシーもそうですが、情報リテラシーも向上させていくことが私の目標であるセミリタイア 、そのさきの経済的自立へ繋がる道だと私は考え、行動を続けていきます。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

よければはてなブックマーク、読者登録もよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加オカユログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

新たな挑戦!ということでYouTubeも始めてみました!ブログを見る時間がないときに音声で聞き流していただければと思います。

今月更新の動画一覧です!毎週 金、土、日 の3日間、6時30分に更新していきます!

良ければチャンネル登録よろしくお願いします!

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

                                    

私がセミリタイア達成へ向け、お金に関して多くを学んだオススメ書籍を紹介しています!

スポンサードリンク