配当金の積み上げと価値、見据える先は?

2020年配当実績

昨年度の年間配当金額は259002円でした。(投資を始めて2年でこの水準まで来ました)

今年は40万円を目標に活動しています!

私がブログを書く理由

①投資に興味を持つきっかけになれれば

②資産形成を一緒に目指す仲間が増えれば

と常に思いながら日々更新しています。自分の詳細は以下のページから。

                                    

どうも、オカユログです!(@okayuchikuwa

私は米国市場に投資し、保有株から頂く配当金を積み上げることで毎月安定した不労所得を生み出そうと日々活動しています。

私の投資スタイルは株の値上がり益を狙う、キャピタルゲイン投資に比べ大きな利益を短期間で挙げることは難しいです。

中には効率が悪いと言う人もいます。

しかしながら私は不労所得を積み上げることに拘っていくつもりです。

今回の記事は。

私が不労所得を積み上げることになった経緯とどう活かしていくか?について記事にしていこうと思います。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

短期投資の失敗、配当金再投資との出会い

私が長期投資と出会い、そして不労所得を主体として投資を始めたか?と言うと短期投資での失敗があります。

その当時は1週間単位ぐらいで日本株を頻繁に売買している時期がありました。結果として−30万円の含み損を抱え、泣く泣く損切りを経験しました。

あの当時はリスクの許容範囲も把握しておらず、ただ闇雲にトレードしており、ひどい時は仕事が手につかなかった時もあります。

この時は一番メンタルがやられており、自分は投資には向いていないと投資は止めようと考えていた時期でもあります(その当時は投機と投資の違いもわかっていませんでした笑)

配当金再投資との出会い

そんな失意のどん底に落ちているときにまず出会ったのが長期投資と言う考え方、今までの1週間単位の投資ではなく、バイアンドホールドがメインの投資スタイルでした。

そして長期投資のスタイルをネットで調べているうちに米国株投資で配当金を積み上げるスタイルに出会いました。そのスタイルに出会うきっかけとなった書籍が以下の2冊になります。

①バフェット太郎さんの『バカでも稼げる『米国株高配当投資』

②『株式投資の未来:永続する会社が本当の利益をらもたらす』

この2冊に出会うことで私の投資人生は変わり、長期投資で時間と複利を積み重ね資産形成を目指すスタイルへとなっていきました。

スポンサードリンク

配当金をもらう、積み上げる

配当金を頂くには何も特別なことは必要ありません。

配当金を出している企業の株を購入し、保有し続ける。ただそれだけのことです。一つ注意点としては。

配当金は、権利確定日(会社の決算日と同一日が多い)時点で株主名簿に登録されている株主に対して支払われるので、株式を購入して配当金を受け取るためには、権利付最終売買日までに買付けの約定をしなければならないことです。

それもそこまで意識しすぎなくても権利日は年に数回ありますので、保有していれば配当金を頂くことができるようになります。

配当金を積み上げていくには

頂いた配当金を少しずつ積み上げていく為には、配当金は生活費などに一切使わないことです。

使ってしまったらあっという間になくなってしまいます。そこを我慢し、配当金を保有株の買い増しに回していくことが重要です。

そして最も大事なのは家計の貯蓄体質を作ることです。貯蓄ができる仕組みがつくれなければ、投資も始められません。

投資はあくまで余剰資金でやるものです。

投資を始めたとしても余剰資金でなければ失った時のリスクが大きすぎて冷静な判断ができません。

私は生活防衛資金として年間200万円を設定しており、このお金は何があっても手を出さないようにしています。

投資資金の捻出ができない場合

手元に投資に回せるほど資金がまだないという場合は、まずは増やせる環境を作り出すことが肝心です。具体的には。

  • 固定費の見直し
  • お金の動きを把握する
  • 家計の見える化(家計簿アプリの活用)

お金の動きを把握し、管理できるようにする。

出来る限り家計黒字を作り出すことで毎月安定した投資資金を捻出できるようにすることです。特に固定費は一度削減してしまえば無理せず節約効果が続きますのでオススメです。

現在毎月の家計黒字と毎月の配当金はあるおかげで不労所得は右肩上りで上昇中です。

ここまでハイペースで来れたのは、投資資金(銀行に眠っていた貯金)がある程度貯まっていたおかげです。私は20代のうちに貯蓄のみで1000万円を貯めることができました。

そのコツは王道です。とにかく毎月の収入から出ていくお金を減らすことで貯蓄する習慣作りをしました。

そのおかげで二年でここまで到達することができました。

スポンサードリンク

私にとっての配当金は精神の安定をもたらす

今現状でもそうなのですが、私にとって配当金は精神面での大きな支えになりつつあります。

私は米国企業の年4回配当を受けられると言う特徴を活かし、毎月配当を得られる仕組みを作っています。

安定的に不労所得を頂けるようになることでサラリーマンとしての収入が減少する、精神面の不安を和らげることができます。

今の時代右肩上がりの給与で上り詰めていくのは稀だと思っています。山あり谷ありの人生の中でこうした配当金という不労所得があることがどれだけ大きいか。

金額の大きい少ないにかかわらずサラリーマン以外にも収入源があるという事実は非常に大きいものです。

配当金で見据える先は?

配当金は今後どう活かしていくのか?当然ではありますが、保有株の買い増しに全てを注いでいきます。

自分の資金で投資した企業から頂いた配当金なので、ある意味で自分の資金を返してもらっている状態です。

私の最終的なゴール(経済的自立)は年間200万円の配当金(不労所得)を得る状態を作り上げることです。

今年の目標が年間40万円なので、どこまで先かはわかりませんが、コツコツと積み上げていくつもりです。

この水準まで持ってくることができれば完全リタイアとまではいきませんが、サラリーマンの給与に限りなく依存せずに生活していけるレベルだと思っています。

金銭面での自由度が広がれば人生の選択肢が増えると思います。あまり言いたくはないですが、世の中なんやかんやでお金は必要ですからね。

豊かに生きていく為には衣食住は最低限必要で、それらには全てお金がかかってきます。

そこが不労所得で補えれば、さらに資産形成も加速させていくことができますし、リスクをとった行動も取れ自由度が広がってくると思います。

少しずつでも着実に

20代は全くリスクを取らずに生きてきましたが、20代の貯金を活かしてリスクを負って30代は行動していきます。

この30代の内がある意味勝負だと思っていて、ここでの頑張りが40代、50代、さらに先の自分自身を助けてくれるものと考え、行動しています。

配当金という不労所得とともに私は資産形成していきます。

以上オカユログでした!@okayuchikuwa

応援頂けたら幸いです。(You click the following sites, and please support him.)

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
米国株ランキング株式ランキング

bitFlyer

自身の取り組みとして毎月のブログ収益を仮想通貨の投資資金に充てています。

またサイト経由からお好みの広告をクリックしてネットショッピングや旅行予約、アンケートの回答等、サービスの利用や契約することでビットコインがもらうことができます。

bitFlyer

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。