配当金生活へまた一歩前進(もちろん再投資)

okayuです。@okayuchikuwa

自粛の週末も終わり、今週も始まりました。こうも制限がかかっていると何のためにお金を稼いでいるのか?考えたくなります。

もちろん「経済的自立」!のためです。目標達成の為の我慢の時期なんでしょう。なんでも前向きに!ポジティブに捉えていきます。

そんな私は先週も保有株から配当金をいただきました。配当金を頂けるのは本当にありがたいです。何度頂いても新鮮な気持ちです。

働いてなくても自分のお金(株式)がお金(配当金)を生んでくれるんです。一人でダブルインカムです。

それではいきたいと思います。

まだまだ配当金額は少ないですが笑

本日の米国株式ニュース

【新型コロナ】米の感染拡大に落ち着きの兆しか-英首相が検査入院

引用 ブルームバーグ https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-05/Q8AG2SDWX2PZ01?srnd=cojp-v2

「イタリアやスペイン、フランス、米ニューヨーク州など、新型コロナウイルスの感染爆発が起きている国や地域の一部で5日、新たに報告された死者数が減少した。ニューヨーク州で1日の死者数が減少したのは初めて。イタリアでは死者数がこの2週間余りで最も少なかった。スペインでは3日連続で減少、フランスは5日ぶりの低水準となった」

トランプ米大統領とペンス副大統領は頭打ちの兆候が見られると言っていますが、これを機にNYの感染拡大も落ち着いてくれるといいですね。

ロシアとサウジは減産で合意近い-CNBCがドミトリエフ氏引用

引用 ブルームバーグ https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-06/Q8CTRQT0AFB901?srnd=cojp-v2

「ロシア直接投資基金(RDIF)のキリル・ドミトリエフ最高経営者(CEO)はCNBCとのインタビューで、同国とサウジアラビアが原油減産で合意に「極めて近づいている」と語った」

OPECプラスの決裂により原油価格が大きく下げ、コロナショックも合間って米国株式市場は大暴落しました。ここまで値段が下がり、長引けば長引くほど国益を損なうことになる。消耗戦を避けた形でしょうか。

需給のバランスが崩れていたので、需要に見合った量に減らし、価格を安定させて、エネルギー株の株価も安定してくれれば。

目次に戻る▶▶

先週の配当銘柄について

先週はPEP(ペプシコ)とHDV(高配当ETF)から配当を頂きました。

簡単に企業紹介します

PEP(ペプシコ)

業界 飲料 

セクター 消費財 (非景気循環型)

ペプシコ(PepsiCo, Inc)は食品・飲料会社である。日本でも有名なメーカーですよね。ペプシコーラやトロピカーナなど様々な飲料を日本でも手に取ることが出来ます。スナック菓子でもドリトス、チートスなどが有名です。

株価

月足のチャートになります。昨年は米国市場の上昇局面の恩恵を受けて、右肩上がりでしたが、今回のコロナショックで一時、昨年の値上がり分が吹き飛んだ形です。市場の落ち着きとともに、株価も戻していますね。

4月6日現在 PER 23.96 配当利回り 3.08% 52週最安値 101.42ドル

になります。

HDV(米国高配当株 ETF)

ブラックロック(BlackRock Inc.、NYSE: BLK)は、世界最大の、資産運用会社であり、シャドー・バンキング・システムである。その運用総額は、700兆円を超える。

そのブラックロック社が提供しているETFです。米国株の高配当銘柄を中心に構成されています。

以下はセクターの構成割合と組み入れ上位10銘柄になります。

引用 ブラックロック ファンド概要より
引用 ブラックロック ファンド概要より

エネルギー株が24.98%を占めています。組み入れ上位にもXOMやCVXなどが多く組み入れられています。今回の原油価格の暴落によって、エネルギー株の割合が多かったからか、株価は以下のチャートが示すように、大きく下げています。

4月6日現在 配当利回り 4.62% 52週最安値 61.04ドルとなっています。

目次に戻る▶▶

配当金と推移

今回頂いた配当金額になります。

税金が引かれて合計6266円の入金になりました。お金自身が働いてくれ、配当金という形で還元してくれる。

配当金は何度もらっても感謝の気持ちがなくなることはありません。

前年と比べるとまだ下回っていますが、今月はこの後続々と配当金が振り込まれる予定なので、前年の金額は超えてくると思います。

配当金はもちろん今現在使うものではありません、将来の資産形成の為に再投資を行なっていきます。

まとめ

これから長い投資人生の中で、今この時間はとても重要です。

『複利』で利息が利息を生む状況は、時間をかければかけるほど、資産は大きくなっていきます。

私の保有銘柄は連続増配銘柄がほとんどですが。もしこの先経営状況が悪くなり、減配になったとしても。

減配になった配当金を再投資していくだけです。売るときは、配当がゼロになった時、キャッシュフローが何期にも渡ってマイナスになり、経営状態が危機的状況になったときでしょうか。

今月はまだまだ他の銘柄の配当金の入金が予定されています。

コツコツと積み上げていくだけです。

そのために。自分が信じて買った銘柄を保有し続けること。それだけです。

最後までみてくれた方ありがとうございます。

それでは皆様がより充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。