長期保有 ABBVからの配当を頂きました

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

今月も着々と配当金の入金があります。保有株が含み損を抱えてとしても気にしません。

大事なのは配当金を得ることです。株の上下に一喜一憂するのではなく、保有することで配当金を頂くことができます。

簡単なようですが、保有し続けるには自分なりの投資ルールを設けて、管理していく必要があります。

ルール作りは冷静な判断する為に重要な要素です。

今回の記事は。

頂いた配当と管理するためのルールづくりについてです。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今回の配当金

今回の配当金は税抜き6753円の受領となりました。ABBVはここ最近買い増しはしていません。株価の上昇が著しく私のポートフォリオの中で1番の構成比となっています。

今回の配当金の受領で、前回のVZとプラスして11408円になりました。当然といえば当然ですが、今年に入ってから前月比で全て配当金の金額は上回っています。

今まで貯蓄してきた分を投資に回すこと、そして毎月捻出した投資資金を株の購入に回すことで少しずつ積み上げてきました。

配当金は減額にならない限り、買い付けをしている為、減少することはありません、このサイクルに必要なのは安定した入金力です。

家計支出(特に固定費)を少し見直すだけでも毎月1万円の投資資金を生み出すことは出来ます。年間で換算すれば12万円これを長期的な視野で運用するだけでも将来の資産は変わります。

長期投資というのが重要です。短期投資でキャピタルゲインを目指すのであれば、捻出した金額は一瞬で含み損を抱えるかもしれませんが、長期投資であれば時間がリスクを分散してくれます。

今回配当を頂いた銘柄と決算について

アッヴィはアメリカに本社をおく、各種医薬品の研究・開発・製造・販売を行うバイオ医薬品メーカーです。

2013年にアメリカの製薬会社であるアボット・ラボラトリーズから新薬事業が分社化する形で設立されました。

売上高が7年連続で世界1位のブロックバスター「ヒュミラ」で知られます。ブロックバスターとは圧倒的なシェアを持ち莫大な利益を生む薬品です。

「ヒュミラ」は欧州では既に特許が切れており、米国でも2023年に特許が切れる商品ですが、未だにABBVの主力商品となっています。

2023年に主力商品の特許切れという難局がありながらも、手を拱いているわけでなく、アラガンの巨額買収など着実に動いている印象です。

そんな中ABBVの第二四半期決算が7月31日に発表されました。

・第二四半期決算

純売上高…104.25億ドル(前年同期比+26.3%)

営業利益…7.52億ドル(前年同期比▲78%)

同社に帰属する純利益(GAAP)…▲7.38億ドル(前年同期比▲200%)

同社に帰属する純利益(non-GAAP)…38.95億ドル(前年同期比+7.8%)

GAAPベースとnonGAAPベースとの差は、2020年5月8日にアラガン社の買収を完了による買収関連費用として、アラガン社の買収に関連した取引、資金調達、統合費用などを反映していることが要因です。

アラガン社を含まない売上高は前年同期比26.3%増加しており、本業自体は好調な決算だったことがみて取れます。

ヒュミラが未だに主力でありながらも、売り上げは好調で。そしてヒュミラに依存しない企業体質にする為のアラガン買収も行い、今後の成長も期待されます

資産の可視化とマイルール

保有株の管理をする時は金額だけで把握するだけではなく、上の上のようにグラフ化して見える化することも大事です。可視化することで1銘柄の占める割合を見比べ、買い増し銘柄の検討するときに役立っています。

集中投資ならそこまで意識する必要はありませんが、分散投資をしてリスク管理をしているのであれば、可視化することは非常に有効です。

買い増し銘柄を検討する際にまず構成比の少ない銘柄を候補に挙げておき、そこから株価やPER、そして財務状況を確認しています。

こうすることで銘柄の絞り込みが楽になりますし、なぜ構成比が低くなっているのか?外的要因なのか内的要因なのかを自分で調べるきっかけにもなります。

私は買い増しする時のルールは。

・1銘柄に偏らない(10%を超えない)

・構成の低い銘柄から優先的に買い増し候補にする

・PER(株価収益率)が割安かどうかを確認する

の3点になります。

リスクを管理しながら、不労所得を最大化する為に決めた自分なりのルールです。それぞれの投資方針でルールは変わります。

大事なのはしっかりとした軸を作っておくことです。そうすることで相場の急落があって含み損を抱えてとしても、落ち着いて行動ができます。

自分なりのルールと管理しやすい体制、不労所得を継続的に増やしていける仕組みづくりをしていきましょう!

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク