高配当銘柄 ABBVを購入しました

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

毎朝、朝活を欠かさずに行なっています。三日坊主だった私でも継続できているのは、大きな目標があるから。

私の目標は「経済的自立」です。皆さんも何か継続したいことがあったら、継続した結果、どうなりたいかビジョンを描きながらやることをオススメします。

今回の記事は経済的自立へ向け、また一歩近づいたであろう米国株ABBV(アッヴィ)の購入についてです。

私自身は現状健康そのもので医療にかかることはほとんどありませんが、これから年齢を重ねていくにつれて、お世話になる回数も増えていくと思います。

これから高齢化社会がさらに進むと考えられる日本を含め、医療の進歩によって、人々の寿命は伸びています。そこに関わってくるであろう医療銘柄ABBV(アッヴィ)の株を今回購入しました。

ABBV(アッヴィ)について

ABBVの基本情報(利回りは4月15日現在)

セクター 医療 業界 医薬品

52週最高値 97.86 52週最安値 62.55 利回り 5.88% EPS 5.30 

2019年 売上高 332.66億 純利益 78.42億 売上純利益率 23.69%

アッヴィ(AbbVie Inc.)は研究型バイオ医薬品会社である。【事業内容】同社は各種医薬品の発見・開発・製造・販売に従事する。

売上高が7年連続で世界1位のブロックバスター「ヒュミラ」で知られます。ブロックバスターとは圧倒的なシェアを持ち莫大な利益を生む薬品です。

アッヴィの売上のうち約60%を占める巨大なビジネスとなっています。

「ヒュミラ」は抗リウマチ薬になります。詳しい説明は以下から。

TNF阻害薬としては「レミケード」、「エンブレル」に次いで3剤目の生物学的製剤で、「レミケード」同様に抗体によってTNFαの働きを阻害します。関節で過剰に産生されているTNFαの働きを阻害する事によって関節リウマチの痛みの改善だけでなく、関節破壊進行を抑えます。「レミケード」の投与方法が点滴であるのに対し、「ヒュミラ」は皮下注射により投与でき(一定の条件を満たす方は在宅自己注射が可能です)、また「エンブレル」が週に1-2回の投与が必要なのに対し、2週に1回の投与で済むため、投与方法が簡便であることが特徴に上げられます。

引用 http://www.twmu.ac.jp/IOR/diagnosis/ra/medication/biologics/humira.html

目次に戻る▶▶

ABBVを保有、買い増しする理由

ABBVを保有、買い増しする理由は勿論。

・高配当銘柄であること

ABBVの現在(4月15日時点)での配当利回りは5.88%になります。また1株当たりの配当金は4.28ドルで連続増配年数は48年(スピンオフ前含む)となっています。

今回は10株購入しましたので、年間の配当が42.8ドル増える計算です。

今回の買い増しで保有しているだけで年間300ドル近くの配当金が得られる計算になります。あくまで予定なので、企業業績次第ではもらえない可能性もありますが、その心配はもう一つの理由である。

・売り上げとフリーキャッシュフローの推移が伸びている

この点で解決できます。売り上げも順調に伸びていますし、企業が事業活動から獲得したキャッシュのうち自由に使うことができるフリーキャッシュフローが安定しています。

稼ぐ力があるのは企業存続のためには重要ですし、フリーキャッシュフローを生み出しているのは企業が健全な証です。

高配当銘柄であること、そして安定したフリーキャッシュフローを生み出している間は継続保有し、積み増しも行なっていきます。

目次に戻る▶▶

まとめ

医薬品業界は他産業に比べ、安定した産業だと言われています。それは、景気の良し悪しに関係なく、病気の治療や予防は 生きていくうえで不可欠だからです。

社会や経済活動が円滑に進むためには、人々の健康は欠かせません。加えて医療の進歩によって平均寿命は世界的に伸びています。

引用 厚生労働省 平均寿命の国際比較 より

医薬品は安定した需要が見込めることから、比較的安心感を持って保有できますが心配はないわけではありません。

世界的なブロックバスター「ヒュミラ」の米国における特許が2023年に切れ、ヒュミラのジェネリック薬品が発売されることとなっており、ヒュミラ依存の経営状態を危惧されています。

しかしアイルランドのアラガン社の買収で、ボトックスをはじめとした美容領域の市場参入に加え、研究開発などへのさらなる投資を進め、革新的なバイオ企業としてさらなる成長を遂げるべく対策を行なっています。

どのような結果になるか、まだ先のことなのでわかりませんが。先手で対策を講じている、そして経営状態も安定していることから、今後も継続して保有、買い増しをしていきます。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

Pocket

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!