30代サラリーマンの資産報告 7月2週目

Pocket

okayuです。@okayuchikuwa

今週も資産報告を行なっていきたいと思います。コロナショック状況下で内心ハラハラしながらも株の買い増しを行なってきました。

総資産の方も一つの目標である1500万円が見えるところまで戻ってきました。

1500万円にもっとも近づいたのが2月22日の週の資産報告だったので、およそ4ヶ月弱になります。

この間に保有株の買い増し、積立nisaの定期積立など資産形成に向けた活動を全力で行なってきました。今後も活動を継続していき、1500万円、2000万円と資産を築いていくつもりです。

それでは7月2週目の資産報告になります。(先週の記事も載せておきます)

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今週の資産報告

総資産は先週に比べマイナス32975円となりました。一つの目標である総資産1500万円が見えているのですが、なかなか到達しません。

コロナウイルスの感染拡大が始まりを見せていない2月22日の総資産は14946847円でした。本当にもう少しで1500万円というところまで来ていました。

その時と現時点では資産の中身が違ってきています。

前回は米国市場の力強い伸び、ダウ平均が最高値を更新した時の資産になりましたが、現在はまだ26000ドル付近と最高値から3000近くの差があります。

ダウ平均は回復の道半ば。その間に。

・値下がりした銘柄の買い増し

・配当金の再投資

・家計黒字を維持

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 23be80060b1999c395841e8678a3f041.png

を行ってきたことで、総資産の幹が太くなったとても言いましょうか。家計黒字をキープしたことで、現金は減らさずに、リスク資産(株式、積立nisa、ideco)の金額を増やすことができています。

一度も資産を切り崩すことなく、買い増しを愚直に行なって行くことが長期投資には重要であることを改めて再認識しました。

長期投資家にとっての下落局面

長期投資家は下落局面がチャンスです、リスクを取りながら、今後も積極的に買い増ししていくことで資産形成に繋げることができます。

下落局面の買い増し(配当金の積み増し)の効果は私がよく読む書籍、「株式投資の未来」において。

「下落相場のプロテクター、上昇相場のアクセル」と書かれています。

・下落相場のプロテクター

下落局面に再投資を通じて保有株を積み増す働き

・上昇相場のアクセル

積み増した株は上昇局面においてリターンを加速装置

と表現しています。市場が大きく分けて下落局面と上昇局面を繰り返していますので、局面を上手く利用することで将来的なリターンを目指すという考え方です。

配当金再投資を行なっている投資家の間では有名な書籍になります。

この書籍があったから、今回のコロナショックの局面でもコツコツと買い増しをすることができました。

非常に影響を受けた(受けている)書籍になります。オススメです!

今週の出来事

・配当金の入金(PEPとKO)

配当金の入金によって今月は6110円となっています。今月は配当金を得られる銘柄数が多いので、配当金額も多くなります。やることは再投資なので、何かに使われることはありませんが。

将来の資産のために積極的に利用していきます。

・MO(アルトリアグループ)の買い増し(後日記事にします)

以前の記事で買い増し銘柄を検討しましたが、構成比率の少なく、割安な銘柄を買い増しということでMOを買い増ししました。今月は賞与も支給されたので、他にも数銘柄買い増しを検討中です。

コロナ禍と投資について

投資初心者3800人、コロナでも「スタート順調」6割

引用 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60459550X10C20A6000000/

記事内で「2020年個人投資家調査」において回答者の1割の投資初心者に焦点を当てています。

引用 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60459550X10C20A6000000/

株式投資で抱えた悩みとして以上のような回答があるみたいですね。私も投資初心者を一歩出たくらいなので、この悩みは少なからずありました。

・銘柄選び

自分がどんな戦略で投資をするかで異なってきますよね、キャピタルゲインならば、中・小型株、インカムゲインであれば大型株。

また株主優待を優先するのか、高配当を優先するのかによって選ぶ基準は人それぞれ。

・投資の勉強

私は投資を始めたばかりの時にとにかく投資に関連する書籍を買いあさりました。チャートの読み方や有名投資家の書籍(バフェット氏、ハワードマークス氏など)などたくさんの本を読みましたが。

特に影響を受けた書籍は以下の5冊になります。

・向いている投資法

教材での勉強も大事ですが、やってみなければわからない、経験が何よりの教材だと思っています。私は短期投資で失敗したことで、長期投資へ方向転換しました。リスクの範囲内で経験することが重要です。

・周囲に話せる人がいない

私の一番話せる人は妻になりますかね。近くに話せる人がいるのはよかったです。理解のあるないで損を被った時の印象がだいぶ変わりますからね。

・会社の決算の味方

今も勉強中ではありますが、あんまり細かいところばかり見てもというのもあるので、私は企業の売り上げ、利益、フリーキャッシュフローの推移を追うようにしています。

まとめ

私の中で長期投資は長丁場です。これから20年、30年と投資を行なっていき、老後資金も全く心配ないレベルまで資産を築いていくつもりです。

目標は経済的自立を達成すること、そのために必要なことはなんでも行います。

・知識の吸収

・家計管理

・収入の最大化

が今の課題です。これらを試行錯誤しながら資産形成に繋げていければと思っています。

「ローマは一日にして成らず」

別に大事業という訳ではないですが。長い時間をかけて資産形成を目指します

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

クリックして頂けると非常に励みになります ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

スポンサードリンク