6月の買い増し候補を考えてみた

okayuです。@okayuchikuwa

6月に入ってまだ間もないですが、既に今月の買い増し候補を考えています。3月のコロナショックから米国市場は徐々に回復してきており。

銘柄によって差はありますが、既に最高値を更新するほどに回復しているものもあります。

これだけ上昇してくると、2番底がくるのではないかとか考え、資金を残しておこうと言う方もいますが、私の場合はあまり関係ありません。

何故なら長期投資が基本だからです。

タイミング投資はせず、リスクは時間に分散してもらおうと考えているからです。

タイミングを意識しないで、投資しているいれば、一喜一憂せずにいられますので、そういった点が長期投資のメリットですね。

それでは記事に入っていきたいと思います!

よろしくお願いします!

スポンサードリンク

現在のポートフォリオ

わたしのポートフォリオは見ての通り、ディフェンシブ株、成熟した企業が大半を占めてします。

成熟した企業はグロース株のような大きな売り上げ増が見込める銘柄ではありませんが、安定した利益からの安定した配当金が期待できる銘柄でもあります。

ディフェンシブなポートフォリオの中でも、グロース株のような動きをしているのが。

V(ビザ) HD(ホームデポ) MKC(マコーミック)の3銘柄ですね。HDなんかは特にです。既に52周の最高値を超えてきました。以下はHDの株価になります。

・今回のコロナショックで学んだこと

私は長期投資が前提なので、バイアンドホールドが基本ですが。

コロナショックの時、全ての株価が下がっているとき、キャピタルゲインを狙うのであれば、こういう銘柄を買い増しすべきなんだなと改めて勉強になりました。

今回のコロナショックは非常に実り多きものとなっています。まだ第二波があるかもですが、ひとまず波を越えたということは今後の投資人生に大きな財産として活かしていくつもりです。

目次に戻る▶▶

指標で見てみると

PER(株価収益率)で各銘柄をみていこうと思います。

PERとはPrice Earnings Ratioの略で、株価が1株当たり純利益(EPS:Earnings Per Share)の何倍まで買われているか、すなわち1株当たり純利益の何倍の値段が付けられているかを見る投資尺度です。現在の株価が企業の利益水準に対して割高か割安かを判断する目安として利用されます。PERの数値は、低いほうが株価は割安と判断されます。なお、1株当たり純利益は当期の予想数値を用いるのが一般的です。

引用 SMBC日興証券より
出典 SMBC日興証券より

PERは15倍が一つの目安になります。コロナショックの影響でほとんどの銘柄が15を下回る時もありましたが、米国市場の回復によって、ほとんどの銘柄が上回っています。

コロナショックから約3ヶ月程でダウもS&P500も最高値の半分まで戻ってきました、いくら経済が止まっていたのはいえ、さすが世界一の経済大国といったところでしょうか。戻す勢いが早いですね。

現在15を下回っているのはPFE(ファイザー)VZ(ベライゾンコミュニケーションズ)の2銘柄になります。

PER(株価収益率)を見る際は同じセクターの同業企業と比較してみると良いかと思います。

PFEが他の6銘柄とVZが2銘柄と比較しました。それぞれ12.67、VZが12.59と同業の企業と比べても、低くなっているため、同業他社と比較しても割安と言えるのではないでしょうか。

目次に戻る▶▶

配当パターンで見てみると

パターン①の配当銘柄数が少ないため、他のパターン月よりも配当額が小さくなる傾向にあります。

1、4、7、10月の配当金の底上げをするのであれば、VZになってくるでしょうか。

PERも割安圏ですし、後は決算や直近の収益の推移など情報を出来るだけ集めながら、判断していきたいと思います。

目次に戻る▶▶

まとめ

投資には様々な指標があり、投資手法やどの指標を採用するかで、銘柄選びも異なってきます。

私はPERとフリーキャッシュフローの推移で判断しています。フリーキャッシュフローに関しては、配当金の源泉がフリーキャッシュフローによる部分が大きいためです。

長期投資が前提なので、買ったらホールドが基本です。その為購入する際は事前の情報収集を出来る限り行い、納得した上で購入するようにしています。

6月もまだまだ始まったばかりです。銘柄選びをじっくり行なっていきたいと思っています。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。