定期更新 年収500万サラリーマン 保有株状況

okayuです。@okayuchikuwa

4月になり、心機一転、新たなことをスタートするには良いタイミングかと思ったら、コロナウイルスの影響で国内全体が自粛ムード・・。

何か始められることはないかな?と日々、考えを巡らせています。

3月度は投資家にとって激動の1ヶ月になりましたね・・。私もその場に居合わせたものとして。一つのウイルスによって株価が乱高下する。

様々な投資家の心理が交錯すると、ここまで株価の変動を引き起こすものなんだな・・。

改めてすごい世界に身を投じているんだと、身が引き締まる思いです。

今回の経験は必ず今後の投資生活に活きてきます、とポジティブに捉えています。

振り返るためにも、これから定期的に保有株の状況を確認していきたいと思います。

米国市場の状況

3月はサーキットブレイカー(急激な先物価格の変動があった場合、取引所によって一時的に取引の中断が行われる措置のこと)が起こり、また一日の下落幅が約3000ドルを記録するなど、歴史的な出来事が頻発しました。

ダウ410ドル安、四半期では1987年以来の大幅な下げ

引用 REUTERS https://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-idJPKBN21I3F8
NYダウ 月足

年初は最高値を更新し、30000ドル越えか?と言われていましたが、新型コロナウイルスの出現やOPECプラスの交渉決裂による原油価格の大幅な下落も合間って事態は急変。

四半期では、ダウ平均が23.20%安、ナスダックが14.18%安、S&P500が20.0%安。

ダウ平均はブラックマンデーが起きた1987年第4・四半期以来の大幅な下げを記録しました。

ダウ平均のチャートを見ても、断崖絶壁からおちるように下落しています。

サーキットブレイカーが頻発しているときは恐怖を通り越して、楽しんでいた自分がいました。人ごとではないのに笑

目次に戻る▶▶

現在の保有株の状況

米国市場の下落によって私の保有株の状況はどうなったか?

相変わらず直視し難い状況ですが。含み損が増えていますね。

4月2日時点 損益状況

見事にマイナスの赤字が多数を占めています。相変わらず厳しいのは下落率が高いのがXOMです。コロナショックと原油価格下落のダブルパンチで、大きく株価を下げています。

1月時点 損益状況

上の表が2ヶ月前の損益状況です。含み益が出ていたものが、短期間で(ほぼ3月で)これだけ下落しました。

株式投資の怖い部分を味わった形です。

株式投資には大きな含み益になる可能性もあれば、大きな含み損にもなるリスクが伴います。そのほかにも株式投資へのリスクはあります。

一般的に、株式投資のリスクは主に2つです。

(1)換金する際の受取金額が当初支払った金額より下回る場合がある(価格変動リスク)

(2)投資した会社が破たんする可能性がある(信用リスク)

引用 投資の時間 http://www.jsda.or.jp/jikan/qa/005.html

また、外国株式の場合にはさらに2つのリスクがあります。

(3)換金時に為替レートの変動により為替差損が生じる可能性がある(為替変動リスク)

(4)発行体の所在する国・地域の政治・経済環境により価格変動等が発生する可能性がある(カントリーリスク)

引用 投資の時間 http://www.jsda.or.jp/jikan/qa/005.html

私は米国株に投資しているので、上記の4点全てが該当します。

特に投資した会社が破たんする(信用リスク)リスクは決算書などで、出来る限り情報収集をしなければなりません。

破たんしてしまえば、今まで保有していた株の価値が限りなく下がります。そのリスクを減らすため。集中投資ではなく、分散投資をしています。

分散投資のメリットは、異なる業種や性格の異なる銘柄に投資することで、お互いのリスクを相殺させ、一方的な値下がりに備えることが出来ます。

分散投資のデメリットは上昇局面でも分散しているため、上昇による利益も分散されるところです。

私は長期で投資していきますので、分散投資はメリットです。時間をかけてリスクを分散していきます。

目次に戻る▶▶

これからに向けて

株価は下落していますが、今月も買い増しを少しずつ行なっていく予定です。

いくらか株式市場が株価を戻していますが、過去最高を更新した時に比べればまだまだ差があります。

実経済への影響が起こり始め、これからISM製造業景気指数などの各指標が悪化してくることが予想されます。

アメリカでの失業保険申請は過去最悪の664万件と新型コロナウイルスの感染拡大で、アメリカの雇用環境が急速に悪化していることがわかりました。

米 失業保険申請 過去最悪の664万件超 前週の2倍超

引用 NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200402/amp/k10012365321000.html

これらのニュースや指標の動向、トランプ大統領の発言などで、株価にどのような影響を及ぼすのか注視していく必要がありますが、今後も下落した際にはチャンスと捉え、買い増しを行なっていきたいと思います。

私が結果を振り返るのはまだまだ先です。今はまだ序盤、これからも様々な局面があるでしょうが、コツコツ積み上げ、乗り越えていきます。

今回は以上です。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

それでは皆さまが充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

目次に戻る▶▶

スポンサードリンク