KOから配当を受領 資産形成に向けてコツコツ積み上げています

スポンサードリンク

okayuです。@okayuchikuwa

毎月お小遣いのように配当金の入金があります。働かなくても頂けるお金、不労所得は今やサラリーマンの私の心の支えです。

金額は各銘柄の配当金額はまだまだ少ないですが、投資の成果が配当という結果に出ていることが見てて面白いですし、何よりモチベーションに繋がります。

20代の私は投資とは無縁で銀行の利率のみ、貯蓄のみで資産を築いていこうとしていましたが。

お金について、資産について向き合い、行動することで世界が広がります。会社からの給与しか収入源のなかった私が。

考え方と行動を変えるだけで不労所得を得られるようになりました。

配当金の入金

1株あたりの配当金 3.79ドルなので私は80株保有しているので年間131.20ドル(日本円で約14000円ほど 107円/ドルで計算)になります。

米国株は配当金を年4回に分けて入金されるので、131.20ドルを4回で割った金額(買い増しを行なって多少変化していますが)税金を引かれて残ったお金は今回の3162円となりました。

コロナショックで株価が乱高下していた中でも買い増しを行なってきたことで、配当金の積み増しを行なってきました。

配当金を積み増すには一株でも多く買うことが大事です。割安になったタイミングで購入できたことは今後の投資人生にとって、大きな勉強機会となりました。

長期投資であれば、直近の損益ではなく、将来の資産のための行動を意識することが重要です。大きく値下がりした時こそ、追加投資のチャンスです。

何故下落しているのか?を自分なりに見定めてから今後も積極的に買い増しを行なっていくつもりです。

KOの基本情報

KOの基本情報(MSNマネーから抜粋)

業種 セクター:消費財(非景気循環型)

     業界:飲料

コカ・コーラ(The Coca-Cola Company)は飲料会社である。【事業内容】同社は非アルコール性飲料ブランドの所有またはライセンス供与及びマーケティングを行い、炭酸飲料を主要製品として、水、強化水、ジュースと果汁飲料、インスタント茶とコーヒー、スポーツ飲料、乳製品とエネルギー飲料を含む各種スチル飲料を提供する。

スポンサードリンク

株価に関連した情報

KO(株価収益率)19.49(同業他社の代表格 PEPは25.87)

配当利回りは3.63% (PEPは3.06%)

10万円投資していたら3630円 (税金は考慮していません)頂けます。

2019年時点で1株あたりの配当金 1.59ドル(今年も増配され1.64ドルになっています58年連続増配銘柄です)

何故私が飲料メーカーを2つ入れているのか?それは需要の波が起こりにくく、安定した売り上げが見込めるからです。

PEPもKOも景気動向に業績が左右されにくいディフェンシブ銘柄です。


生活必需品である食品や医薬品、社会インフラである電力・ガス、鉄道、通信などの企業が代表的です。

私のポートフォリオはPEPとKOを筆頭にディフェンシブ銘柄を多く構成されています。グロース株のように大きな成長は見込めませんが、成熟した企業としての安定感が魅力です。

7月の配当金

今月も6110円と少しずつですが、配当金が積み上がっています。冒頭でも言ったように、昨年の1月から本格的に配当金再投資を行なってきた成果が数値となって現れています。

昨年の配当金は約13万円、今年は約25万円を予定しています。凡人サラリーマンの月の給与を頂けることになります。12ヶ月+配当金で+1ヶ月。

およそ1ヶ月分の給与を不労所得で得られることになります。それを保有株の買い増しに回すことができるのです。

私のポートフォリオの平均は約3%弱なので、爆発的に資産は増えません。利回りは当然のことですが、元手が多ければ多いほど恩恵を受けられます。

もし長期投資を志すのであれば、家計を健全化して、貯蓄をできる体制にして元手を増やしていくことが重要です。

まとめ

私はキャピタルゲインを目指した短期投資をして失敗し、真逆のインカムゲインで長期投資で資産形成を目指しています。

毎月少しずつでも不労所得が増えているこの投資手法が結果的に私の性格にはあっていました。

失敗も大きな経験です。原因を分析して次に失敗しないように糧にしていけば良いのです。

失敗を恐れず、行動したものだけに得られるもの、それを私は追い続けようと思います。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました、お硬い内容ではなく生活全般を扱っていければと考えています。肩肘張らずにゆるーく見られますので機会があればどうぞ。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

クリックして頂けると非常に励みになります ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。