VZから配当金 私もお金も働いています

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

今回はVZから配当金の入金がありました。

毎月配当金という不労所得が入ってくると、精神的に余裕が生まれます。

労働に対して得られる給与+お金に働いてもらって頂く配当金。投資はリスクのあるものですが、そこはサラリーマンの安定感で帳消しにできると私は考え、積極的に投資を行なっています。

このサラリーマンの安定を享受できているうちに、投資を行なっていき、資産形成を目指していくつもりです。

私が取り組んでいる高配当再投資戦略は広い意味でインカムゲイン投資です。単調な作業だけど、投資にかかるリスクによって精神的な負担を少なくしたいと思っている人にはオススメだと私は感じています。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今回の配当金

今回の配当金は税抜きで4655円の受領となりました。先日VZを定期買い付けを行なったことで配当金額が増えています。

毎月の家計黒字を維持し、そして頂く配当金をプラスアルファにして定期買い付けにしていきます。

このサイクルを作り出せれば、配当金が雪だるまの芯のように次第に大きくなり、定期買い付けの持ち出しが少なくなってきます。

そこに時間という加速装置で複利の効果を最大限に活かすというのが配当金再投資の狙いになります。

ある程度投資に回せる資金を持っている人の戦略になります、10万円で3%なら3000円ですが、1000万円なら30万円。元金が多ければ多いほど効果が大きくなります。

もし元金がないのであれば、まずはある程度資金を貯める体制を作ることから始めることをお勧めします。

https://okayu-chikuwa.com/お金が貯まる習慣から投資へ/

今月もあと 銘柄の配当金を予定しています。少しずつ配当金の額は大きくなってきてます、引き続き、やるべきことをコツコツと継続するのみです。

単調な作業で地味ですが

長期投資は自分で経験している中でも購入までがクライマックスでその後は保有を続けるのみなので、特に作業は発生しません。

さらに言えば短期間で大きな値上がり益を目指すものでもないので、コツコツと時間をかけて資産を作っていく点で、案外地味な作業になります。

しかしながら長い期間に渡って保有していくからこそ、銘柄選びに時間をかけ、企業の中身を調査した上で購入した株を簡単に手放すことはできないとも言えます。

購入してからは地味かもしれませんが、購入に到るまでかけた時間が重要だと思っています。

前もってしっかり準備をしておくことを好む私ような人間にはインカムゲイン投資は向いているのかもしれません笑

米国株への長期投資はこんな人にオススメ

私の投資している市場は米国一本になります。日本市場も以前投資していたこともありますが、やめました。それは以下の理由があるからです。

・純粋に配当金が欲しい

日本には株主優待という独自の制度があり、人気です。利回りでも優待利回りで表示しているところもありますが、米国にはほぼなくて、その分純粋に配当金がもらえます。

しかも配当金は年4回支払われます。以下のように保有株を分散することで毎月配当金がもらえるようになります。

・株主を重んじる企業文化

これは賛否は分かれるところですが、株主にとっては非常に魅力です。配当金は基本的に余剰金で賄われるものです。その為、今回のコロナウイルスによって日本企業は減配に無配に陥る銘柄が多数出ました。

一方で米国企業はそう簡単に減配をしませんし、むしろ長年増配を継続している企業が数多くあります。

毎年しっかりと利益の出る構造を維持し、配当金の源泉であるフリーキャッシュフローも潤沢であることが挙げられます。

・世界一の経済大国の成長力

現在中国と争っていますが、現時点で世界一の経済大国は米国です。2050年まで人口が増えると見込まれ、社会を支える生産年齢人口も増加していくと予想されています。

経済の成長には人口の増加が必要不可欠です。良いサービスがあっても利用する人が少なくなれば、経済は次第に弱体化していきます。

その点において米国は日本より心配がない、その点で米国に投資をしています。

毎回言いますが

不労所得を得ることは、難しいことではありません。配当金を出している企業の株を購入し、保有し続けるだけです。

先ほども言いましたが、購入に到るまでの過程(売り上げ、利益、フリーキャッシュフロー確認した上で検討する)を経て購入することが重要です。

これからの資産形成の一つの柱として、余剰資金で株式投資を始めてみてはいかがでしょうか?

もちろん投資判断は自分の判断なので強制はできませんが、資産形成に有効な手段であることは間違いありません。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。