XOMを買い増し 不労所得を積み上げます

現在の不労所得状況

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 21e577f13eef35b7cf63aa4f1074d407.png

7月度は過去最高の26247円です。

okayuです。@okayuchikuwa

短期投資のように大きなキャピタルゲインを得ました!なんていう皆さんが目を見張るような成果が見せられるような記事ではありませんが。

コツコツと着実に歩みを進めております。

今回もそんな経済的自立という目標に向けた活動の報告になります。

お金に働いてもらうことで得られる不労所得は誰でも得ることができます。配当金をだす企業に投資をし保有する事で権利を得られるのです。

サラリーマンにとって非常に心強い存在です。

今回の記事は。

・XOMに興味のある方

・不労所得で資産形成を目指している方

にオススメの記事になります。

それではよろしくお願いします!

スポンサードリンク

今回購入したのはXOM

今回の買い増しは配当金再投資家の中では人気、一般投資家には不人気のXOMで15株です。659.85ドル(日本円で69944円 106円/ドルで計算)の買い増しになります。

買い増しによって、株数は105株になりました。配当金はというとこれにより、52.2ドルの配当金の積み増しになり、来年度は年間365.4ドル(日本円で約38000円)がいただける計算になります。(※減配がなければ)

私の残業時間でいうとおよそ2.5時間分は不労所得で稼げる計算になります。

時間は日々消費しています。少しずつでも会社に奉仕する時間を減らし、自分に使える時間を増やしていきたい、そんな思いで投資活動を行なっています。

私の考える投資活動=自分の働き方に柔軟性をもたらす作業だと思っています。

購入した理由

XOMは私のポートフォリオの中で現在一番リスクの高い銘柄となっています。コロナウイルスによる世界的な石油需要の低下によって、採算が悪化しているからです。

第二四半期の決算は36年ぶりに2四半期連続で赤字決算となりました。

米エクソン、36年ぶり2四半期連続赤字 需要減や石油価格下落で

引用 https://jp.reuters.com/article/exxon-mobil-results-idJPKCN24W2FO

その銘柄を何故買い増ししたのか?

・長期的な視野で投資を考えているから

になります。これから数年は厳しい状況で、もしかしたら減配もあると思いますが、そうは言っても世界の石油需要というのは長期的に見ればまだまだ伸びる予想がされています。

2010年から2040年までの各国の一次エネルギー需要量を想定したグラフです。
(出典)World Energy Outlook 2019

短期的投資の観点から言えば、魅力は少ないかもしれませんが、長期的な視野で投資をしていく私にとっては魅力のある市場であり。

その市場の中で民間企業として世界最大であるエクソンモービルをこれからも信じていきます。

無配に転落しない限り、投資を継続するつもりです。

ポートフォリオ、不労所得の変化

今回の買い増しにより、年会配当額もMOに続き2番目に多い配当金を得られる銘柄になりました。減配の心配は確かにあるかもしれませんが。

だからこそ、こうして分散投資をしているわけです。高配当だけにフォーカスして投資はしていません、長期的な需要や利益の出やすい仕組みが確立されている企業でポートフォリオを組んでいます。

そして構成比も10%を超えないように意識して購入しています。今回の買い増しもそうですが、少額の買い増しです。

これは米国株が1株から購入できるというメリットがあるからできる事でもあります。

米国株は少額からでも投資できる

米国株は日本とは異なり(ミニ株制度はありますが制限が多い)1株から購入できますので、少額から気軽に購入することができます。

日本特有の株主優待制度を目的にするのであれば、最低でも100株を取得していなければなりませんので、優良株の購入となるとある程度金額を用意する必要がありますが、米国はありませんので。

株数に縛られることなく、購入することができます。

ここが米国株の魅力の一つです。任天堂(11日時点 50460円)やファーストリテイリング(59030円)などは株価が高いので、100株購入するとなると相当な資金を用意しなければなりません。

私のような資金力に乏しいサラリーマンには分散投資ができないことはリスクです。

米国株であれば、それが1株で購入できるということです。

税制面など多少不利な面はありますが、米国株は純粋に配当金を出してくれるので、少額でも配当金の積み増しには効果がありますし、純粋に資産を形成したい人にとっては米国市場も選択肢になってくると思います。

今回は以上です。最後まで見てくれた方ありがとうございます。

最近サブブログも始めました。

おかゆの我が家のあれこれ https://okayuchikuwa-sub.com

それでは皆様が充実した日々を送れますように。

もし気になる点などあればツイッターもやっていますので気軽にコメントどうぞ。(フォローもして頂けるとありがたいです。)

@okayuchikuwa

スポンサードリンク